スマートレジカートでレジ待ちなし、トライアルカンパニー・パナソニック・Remmoの3社が”スマートストア”をオープン

株式会社トライアルカンパニー(以下、トライアル)とパナソニック株式会社、及び株式会社Remmoは、3社のIT・AI技術を融合させたスマートストア「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」を、2018年2月14日よりグランドオープンすると発表した。

今回オープンとなる「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」では、トライアルが独自に開発した商品動向を分析するスマートカメラと、パナソニックが開発した顧客の動きを分析するVieurekaプラットフォームを使ったスマートカメラを店内に計700台設置し、その分析結果を元に、商品の見つけやすさや品揃えを改善し、商品棚の欠品を防、顧客満足度の向上に役立てていくとしている。

また、レジ待ちをなくすためにRemmoと共同開発したタブレット決済機能付きのレジカートを導入しており、“スマートな購買体験”を実現するスマートストアがコンセプトだという。

「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」オープンの背景

日本の流通業に変革をもたらすため、トライアルは、これまでも “オープンイノベーション”を推進し、自社の開発技術だけでなく、外の企業と共に新たな技術や、サービスを開発する取り組みを行ってきた。

また、パナソニックはこれまで家電で培ってきた強みを使い、ビジネスや産学連携のパートナーと共に、新たな価値を創出する活動に取り組んでいる。

更に、スタートアップ企業としてRemmoは小売業、メーカー、ショッパーそれぞれにとっての課題解決パートナーを目指し、デジタルマーケティングによる新たな価値を提供してきた。

このほど、テクノロジーを活用し、顧客の購買体験をより向上させたいという3社の目指す方向性が合致し、形となったのが「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」だという。

スマートカメラの特長

AIを活用したスマートカメラを店内に設置することで、顧客のプライバシーを守りながらも、小売業やメーカーやベンダーの方々が行う売り場の設計や管理を遠隔で行う。その結果、顧客の嗜好に合わせた品揃えを提供することが狙いだという。

100台のカメラが人の動きをウォッチし消費行動を分析

パナソニックのVieurekaプラットフォームとPUX株式会社の画像認識エンジンにより、カメラ内で来客の属性と行動の分析を行い、その結果のみをクラウドに直接送信。これによりプライバシーを守りながら来客の行動の可視化・定量化が24時間可能になるという。

600台のカメラが商品棚をウォッチし商品動向を分析

トライアルが開発した画像認識エンジンと連動したスマートカメラにより、商品棚の商品陳列、商品接触を分析。商品棚にフォーカスすることで、プライバシーを守りながら商品動向の可視化・定量化が24時間可能だという。

レジカートを用いた購買プロセス

Remmoがトライアルと共同開発したレジカートには、決済機能及びレコメンド機能が搭載されている。

決済機能を搭載

ショッピングカートそのものにセルフレジ機能を搭載。専用のプリペイドカードでログインすると、通常のレジに並ぶことなく、ボタン一つで会計を済ませることが可能。買い物客のレジ待ち時間を解消するとともに、昨今、問題となっている小売業のレジスタッフの人手不足解消につながる。

レコメンド機能を搭載

レジカートに取り付けられたタブレットの画面上には、売り場でスキャンされた商品情報に基づいたレコメンドが表示される。

買い忘れの防止や潜在的なニーズの発見など、買い物客の新たな購買体験を実現しつつ、店頭メディアとして各メーカー・ベンダーに広告・販促機会を提供する。

【関連リンク】
「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」詳細
トライアル(TRIAL)
パナソニック(Panasonic)
Remmo
PUX

Previous

住友電工とNEC、AIやIoTを活用したモビリティ事業で協業

2021年の世界ロボティクス・ドローン支出は2018年の2倍以上に、IDC調査

Next