ディップ、「バイトル」のiBeaconを活用した新しい機能『バイトルプッシュ』を渋谷・新宿エリア限定で提供開始

総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社は、同社で運営する日本最大級アルバイト・パートの求人情報サイト「バイトル」のスマートフォン向けアプリ(iOS版のみ)において、iBeaconを活用した新機能『バイトルプッシュ』を2015年11月24日より提供開始した。

 

【『バイトルプッシュ』とは?】

『バイトルプッシュ』は、Bluetoothと位置情報を元に近くの店舗・企業の仕事情報が自動でスマートフォンへ通知されるサービスだ。自身が行動した近隣の仕事情報が毎日21時に「バイトル」のアプリへ配信される。求職者は従来のような検索無しで、自身の行動範囲内で就業できる仕事を探す事ができる。なお、利用には「バイトル」のアプリをダウンロードする必要がある。

求人店舗・企業はiBeaconを設置することで、近くにいる求職者へ仕事情報を知らせることができる。

※『バイトルプッシュ』は、Tangerine株式会社のビーコンマネジメントプラットフォームサービス「Tangerine」を利用している。

※「バイトル」アプリダウンロードは、App Storeより。

 

■『バイトルプッシュ』利用方法 ※iOS版のみ

① iPhoneの設定から位置情報とBluetoothを利用できる状態にする。
・位置情報
「設定」⇒「バイトルアプリを選択」⇒「位置情報をオンにする」
・Bluetooth
「画面下部を上にスワイプ」⇒「真ん中にあるBluetoothアイコンをタップ」

② 街を歩くと近くの店舗の仕事情報が「バイトル」アプリに記録される。

③ 毎日21時にその日1日行動した近隣の仕事情報が見られるようになる。「バイトル」アプリの、「オススメ」タブから閲覧できる。

※利用方法はの詳細は公式サイトを参照。

 

【『バイトルプッシュ』開発の背景】

■仕事は「自宅の近くで探したい」が最多の約80%を占める
「バイトル」にて、最も利用の多い学生を中心に「どんな場所でアルバイト探しをしたいですか?」と質問したところ、「自宅の近く」(79.7%)「乗換駅 の近く」(35.5%)「通学途中に立ち寄る場所の近く」(12.7%)と回答し、“自分が行動する近隣の仕事”を探していることが分かる (Q1)。

『バイトルプッシュ』は、位置情報を利用し自動で仕事情報を提供する事で「駅名」「エリア」などの条件指定をしなければ検索できなかった従来の仕事探しから、“自分が行動する近隣の仕事”を手軽に情報収集できるツールとして役立つ。
ディップ、「バイトル」のiBeaconを活用した新しい機能『バイトルプッシュ』を渋谷・新宿エリア限定で提供開始

■91%のユーザーが「バイトルプッシュを利用したい」と回答
『バイトルプッシュ』の機能について「バイトル」のユーザー394名に聞いたところ91%のユーザーが「利用したい」と答えた(Q2)。この結果を受け、渋谷・新宿エリア100店舗・企業を対象とした実証実験をすることとなった。

ディップ、「バイトル」のiBeaconを活用した新しい機能『バイトルプッシュ』を渋谷・新宿エリア限定で提供開始

・ 調査対象:「バイトル」ユーザー
・ 実施時期:2015年10月7日(水)~2015年10月14日(水)
・ 調査手法:インターネット調査
・ 有効回答数:394名

 

【関連リンク】
ディップ
バイトル

Previous

Moff、カラダを動かしダンスを楽しめるIoTバンド”Moff Band”を使った知育アプリ提供開始

アプリックス、浄水器のフィルター交換を通知するビーコン内蔵流量センサーを開発

Next