ACCESS、NTTドコモ等のデバイス連携プラットフォーム「Linking」に、IoTクラウド統合ソリューション「ACCESS Connect」を順次対応

株式会社ACCESSは、株式会社NTTドコモが本日発表した、スマートフォンのアプリとBluetooth Low Energy(BLE)対応の外部機器を連携させるためのデバイス連携プラットフォーム「Linking(TM)(リンキング)」のコンセプトに賛同し、ACCESSのIoTクラウド統合ソリューション「ACCESS Connect(R)(アクセスコネクト)」を同プラットフォームに順次対応していく。

 

「Linking」は、ドコモが国内の複数の企業と連携して、IoTの普及を目指して新たに開発したプラットフォームだ。

スマートフォンのアプリとBLEデバイスが連携するための汎用的かつ簡易なインターフェースを提供し、スマートフォンのアプリおよびBLEデバイスが本インターフェースに対応することで、相互に簡単に連携できるようになる。

また、アプリとデバイスの連携内容を一元的に管理することで、様々なアプリとデバイスの連携を簡単に設定できるようになる。

 

ドコモは同プラットフォームを実現するためのLinkingアプリを2016年1月に提供予定であり、同プラットフォームを利用したアプリおよび外部機器 を開発するためのインターフェースを本日より、サービス提供会社や機器メーカ等の開発者向けにLinkingポータルサイト上で公開した。

 

「ACCESS Connect」(提供中)は、テーマ毎のニーズに特化した多彩なプロファイルとクラウドサービスをワンストップで提供することにより、IoT対応サービスの開発・運用を効率化する、クラウド統合ソリューションだ。

プラットフォーム非依存のアプリケーション群は、テーマ毎のプロファイルとして、ACCESS自社開発・運用のBaaS上に統合されているので、IoTサービスの開発・運用費を大幅に低減しつつ、短期間でのサービス提供が可能となる(構成図参照)。

 

「ACCESS Connect」のうち、「O2O」、「Location」、「UX」の各プロファイルは、スマートフォンアプリ、クラウドサービスに、BLE搭載の多彩なBeaconデバイスを連携させることにより、サービス事業者の「O2O」や「見守り」「消費材発注」といった、人やモノの位置情報に連動した革新的なサービスの開発を迅速に実現するソリューションだ。

ACCESSは、「ACCESS Connect」のBaaS、各プロファイルのSDK、Beaconデバイスを「Linking」のインターフェースに対応させることにより、事業者の、より汎用性の高いIoTサービスの開発を支援し、本格的なIoT社会の到来を加速させていく。

ACCESS、NTTドコモ等のデバイス連携プラットフォーム「Linking」に、IoTクラウド統合ソリューション「ACCESS Connect」を順次対応

 

【関連リンク】
アクセス
ドコモ
Linkingポータルサイト
ACCESS Connect

Previous

第一興商とNTTの共同検討第二弾、コミュニケーションロボットによる高齢者向けカラオケ支援に関する実証実験を開始

Creww、「crewwコラボ」を通じて、JINSとスタートアップによるオープンイノベーションプログラム開始を発表

Next