ラッカス、セキュアなIoTアクセスネットワークを可能にするIoT Suiteを発表

ARRIS社の傘下であるラッカスネットワークスは、2月21日(米国時間)、企業向けの、複数層に分かれたIoTネットワークを、単一のネットワークに統一可能なRuckus IoT Suiteを発表した。

Ruckus IoT Suiteは、無線LANおよびIoTアクセスネットワーク間において共通のインフラを利用することで、投資回収期間を短縮し投資利益率(ROI)を向上させ、導入にかかるコストを減少させるとした。

市場調査企業のIDCによると、IoTのエッジインフラは、成長が期待される重要な分野であり、IoT採用範囲の拡大を理由に企業優先事項として注目を集めている。

2021年までに34億米ドル規模にまで成長が期待されるIoTエッジインフラ市場において、ネットワーク機器市場はアプリケーション・コンティニュイティと、確実でセキュアなコネクティビティをもち併せた高パフォーマンスへの需要に牽引される、年平均成長率(CAGR)30%を超える、急成長している分野だ。

統一されたIoTアクセスネットワークの構築

IoTアクセスネットワークは、現代のIPを基盤としたネットワークに必要なプロビジョニング、管理およびセキュリティを提供しながらも、複数のテクノロジーを統一する必要がある。

さらに、そのようなネットワークはエンドポイント間の情報伝達の促進、分析ソフトウェア及びサービスとの統合が必要不可欠だ。

  • Ruckus IoT対応アクセスポイント(AP):
    Wi-Fi及び非Wi-Fiエンドポイントへのマルチスタンダードなワイヤレスアクセスを確立し、非IPエンドポイントコミュニケーションをIPへとトランスレートするためにRuckus IoTモジュールを収めたAP
  • Ruckus IoT モジュール:
    Bluetooth Low Energy(BLE)、ZigBee、LoRaといった標準プロトコルベースのエンドポイントの接続を可能にするRuckus IoT対応アクセスポイントに接続する無線または無線兼センサー機器
  • Ruckus SmartZoneコントローラー:
    無線LAN及びIoTアクセスネットワークの単一管理インターフェースを提供する無線LANコントローラー
  • Ruckus IoTコントローラー:
    Ruckus SmartZone OSと連携し展開されるバーチャルコントローラー。非Wi-Fi機器の接続性、装置、セキュリティの管理機能を果たし、エンドポイント調整を促し、分析ソフトウェアおよびIoTクラウドサービスをもったノースバンド統合のためのAPIを提供

IoTアクセスネットワークおよびIoTエンドポイントを確立

今日のIoTソリューションの導入が遅れている最大の要因は、セキュリティに対する懸念だ。

Ruckus IoT Suiteは、デジタル証明書、通信のアイソレーション、物理的なセキュリティ、暗号化といった複数層にわたるアプローチを通して、セキュリティへの懸念に対応している。

IoTソリューションエコシステムを実現

IoTを実行している企業・団体は、展開を積極的に進めるために回収期間を短縮し、投資利益率(ROI)を改善する必要がある。

産業を牽引する運営技術とコンシューマ ・テクノロジーをもったIoTソリューション間の方針を確立することで、ソリューションプロバイダー企業は、IoT投資をより速く回収することができる。

ホテル、学校、スマートシティは、Ruckus IoTパートナーのRuckus IoTアクセスネットワークおよびソリューションを利用するすることで、エンドユーザー体験を改善することができるという恩恵を享受することが可能だ。

【関連リンク】
ラッカスネットワークス(Ruckus Networks)

Previous

STマイクロエレクトロニクス、 IoT機器の開発向けにSTM32マイコン用 Sigfox通信組込みソフトウェアを発表

NECと日本気象協会、食品ロス・廃棄の解決に向け、バリューチェーン全体で需給を最適化するビジネスで協業

Next