GMOクラウド・中国のShenzhen Atte Smart Techら、IoTを活用したスマートホーム事業で協業

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社と、日栄インテック株式会社ならびに、中国O-filmグループのShenzhen Atte Smart Tech Co.,Ltd.(以下、Atte)の3社は、本日2018年3月8日に、スマートホーム事業領域における製品・サービスの企画開発、製造、販売展開で協業することに合意した。

同協業において、GMOクラウドは、企業のIoTビジネス化をサポートする「IoTの窓口 byGMO」を通じて、クラウド環境・セキュリティ技術の提供と、スマートホーム製品の企画開発・サービス化を担う。

日栄インテックは日本市場におけるスマートホーム製品の販売・サポートを、Atteはスマートホーム製品の研究開発と製造、中国における製品の販売をそれぞれ担う。

3社は各々の強みを活かし協業することで、まずは日中のスマートホーム市場の拡大を図っていくとした。

協業の背景

昨今、様々なモノをインターネットにつなぐIoT技術が発展し、IoT製品を使ってサービスを提供する“モノのサービス化”が、世界的に多様な分野で進んでいる。

中でも、AV機器をはじめ、生活家電や照明、鍵やカーテンに至るまで、家庭内の様々なモノをインターネットにつなぐことで、安心・快適な住環境を実現する“スマートホーム”分野は、IT企業や住宅・家電メーカーを中心に参入が相次ぎ成長が加速している。

こうした中、日本においては、音楽の再生やニュースの読み上げ、家電の操作などを音声で実行できる、IoTとAI(人工知能)を活用した「スマートスピーカー」が注目を集めているものの、その他のスマートホーム製品の誕生や、一般家庭への普及はそれほど進んでいないのが現状だ。

その背景には、日本固有の通信規格や、ネットワーク上のセキュリティ認証、プライバシーとデータ活用ルールの整備といった課題があることから、経済産業省においても、スマートホーム分野における新たなビジネスの創出を目指し、スマートホームに関するデータ活用の環境整備について検討・検証が進められて
いる。

そこで今回、「IoTの窓口 byGMO」を通じて企業のIoTビジネス化をサポートするGMOクラウドと、配管支持金具・省力・省エネ環境製品等の日本国内の販売網を有する日栄インテック、中国でスマートホーム製品等の企画開発・製造・販売を手掛けるAtteの3社は、各社のノウハウを活かし、日本および中国でのスマートホーム製品・サービスの市場拡大を図るべく、スマートホーム事業における企画開発、製造、販売展開で協業することになったという。

協業の概要

GMOクラウド、日栄インテック、Atteの3社は、スマートホーム事業において、以下の領域で各社の強み・ネットワークを活かし協業を進めていくとしている。

具体的には、ミラー(鏡)上で天気やSNSの閲覧、ヘルスチェックができる「スマートミラー」や、スマートフォンを通じて、家族や友人と家の鍵を一定期間シェアできる「スマートロック」をはじめ、安心で快適な暮らしをサポートするスマートホーム製品の企画開発・製造・販売を行っていく予定だ。

また日本・中国を皮切りに、Atteを通じて、北米や欧州への販売展開も視野に入れていくという。

各社の領域は以下のとおりだ。

  • GMOクラウド「IoTの窓口 byGMO」:
    クラウド環境およびセキュリティ技術の提供、コンサルティングから企画開発・ サービス化
  • 日栄インテック:
    日本市場におけるスマートホーム製品の総販売代理店、日本向け認証の取得、メンテナンスサービス
  • Shenzhen Atte Smart Tech:
    スマートホーム製品の研究・企画開発、製造、中国市場における販売

【関連リンク】
GMOクラウド(GMO CLOUD)
日栄インテック(NICHIEI INTEC)
Shenzhen Atte Smart Tech

Previous

小売業界もプラットフォーム時代へ、「Amazon GO」の先に見えてくること ―八子知礼 x 小泉耕二【第3回】

チャイナテレコム、サンシー・テレコミュニケーションズとのIoTプロジェクトに「Ayla IoTプラットフォーム」を採用

Next