シリコンバレーの注目AIスタートアップ50社をまとめた「AI50」が発刊

シリコンバレーの現地メディア「The SV Startups 100」編集部は、人工知能(AI)関連スタートアップ50社を紹介する「AI50」を発刊した。

シリコンバレーに本社を置き、US$ 100,000以上の資金調達をしていることを必須条件とし、編集部が12業界から50社のスタートアップをピックアップした。

同冊子では、AIスタートアップの業界マップに加え、「自動車」「ロボット」「建設」「IoT」「金融」「保険」「セキュリティ」「ヘルスケア」「マーケティング・Eコマース」「小売」「ビジネスサービス」の12業界で注目のスタートアップ50社を紹介している。

「The SV Startups 100」で過去に取り上げた企業からも15社選出しているという(以下、その15社)。

【自動車】
●自動運転車向けに高精度3Dマップを提供する「DeepMap」(https://svs100.com/deepmap/)

【ロボット】
●エレベーターも乗りこなす、自律走行型の配達ロボットスタートアップ「Savioke」(https://svs100.com/savioke/)

【建設】
●建設関係の図面をクラウドで一括管理・編集できる「PlanGrid(https://svs100.com/plangrid/)
●コマツとも事業提携。ドローンで建設業界の問題を解決する「Skycatch(https://svs100.com/skycatch/)

【金融】
●中小企業の資金繰りを改善。請求書を即現金化する「Fundbox」(https://svs100.com/fundbox/)

【保険】
●スマートフォンデータを活用し、ドライバーの運転をチェックする「Zendrive」(https://svs100.com/zendrive/)

【セキュリティ】
●防御率99%、次世代のセキュリティソフト「Cylance」は人工知能を活用(https://svs100.com/cylance/)
●ウイルスを可視化するセキュリティープラットフォーム「illumio」(https://svs100.com/illumio/)
●Googleも注目する、新鋭セキュリティースタートアップ「Skyport Systems」(https://svs100.com/skyport-systems/)

【マーケティング・Eコマース】
●言語に対応、モバイルアプリ向けサイト内検索「Algolia」(https://svs100.com/algolia/)
●20兆ものユーザーデータをもとに、個別のマーケティングを実施できる「Kahuna」(https://svs100.com/kahuna/)
●デバイスをまたいでユーザーを特定できる、広告分析プラットフォーム「Drawbridge」(https://svs100.com/drawbridge/)
●ネット通販の配送・返品をサポートする「Narvar」(https://svs100.com/narvar/)

【小売】
●監視カメラを用いた顧客動向分析ツール「Prism」(https://svs100.com/prism/)

【ビジネスサービス】
●企業のデータを強固に守る、データバックアップ・マネジメントプラットホーム「Rubrik」(https://svs100.com/rubrik/)

同冊子は、日本企業の事業開発・投資担当向けに、情報収集ツールの一つとして活用してできる内容になっているという。

同社は、今後も特定領域に特化した冊子や、グローバルスタートアップエコシステムのトレンドをレポートした冊子を発刊していくとした。

なお、冊子の第2弾は「IoT 50」で、3月発刊予定だという。

【関連リンク】
The SV Startups 100

Previous

チャイナテレコム、サンシー・テレコミュニケーションズとのIoTプロジェクトに「Ayla IoTプラットフォーム」を採用

産総研発ベンチャーHmcomm、コールセンターにおける音声認識の実効性を実証する「VContact POCパック」を販売

Next