資生堂、IoTスキンケアシステム「Optune」β版の販売を開始

資生堂ジャパンは、スキンケアのパーソナライゼーションを実現する新しいスキンケアシステムとして、「Optune(オプチューン)」のβ版販売を、3月22日より資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」にて数量限定で開始した。

「Optune」は、一人ひとり、その時どきの肌環境に合わせてケアが変わるIoTスキンケアシステム。スマートフォン(iPhone)にダウンロードした専用のアプリケーションソフトによる肌測定データや、温湿度などの環境データを独自のアルゴリズムで分析し、その時どきに合わせたスキンケアを専用マシンから提供する。

1,000パターン以上の組合せから選び出されたセラムとモイスチャライザーの2ステップケアで、一人ひとり、その時どきの肌の要求に応える。

購入者は、本年2月にブランドサイトを通じて受け付けた応募者の中から選抜。パートナーと呼称し、マシンやアプリ、CRMなどさまざまな検証を行いながら意見を吸い上げ、本格展開に向けてシステムやサービスの向上に反映するという。

資生堂、IoTスキンケアシステム「Optune」β版の販売を開始

購入時の肌状態などから選ばれる3本のセラムと朝用、夜用のモイスチャライザーの計5本の専用カートリッジ「オプチューン ショット」をマシンにセットし、2ステップで使用する。

資生堂、IoTスキンケアシステム「Optune」β版の販売を開始

https://youtu.be/GG8MVhCVxMc

【関連リンク】
Optune

Previous

IoTとAIで物流センターはどう変わるのか[Premium]

NEC、AIやRPAを活用して働き方改革を支援するコンサルティングサービスを開始

Next