NTTドコモ、総務省「5G総合実証試験」の成果を発表

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、総務省の「第5世代移動通信方式(以下、5G)の実現による新たな市場の創出に向けた総合的な実証試験」(以下、総合実証試験) で、2017年6月から2018年3月の期間に、17の自治体、企業、大学などの各パートナーと協力し5Gを活用した各種実証試験を実施した。

ドコモが実施主体となり総務省より請負った「人口密集地において10Gbpsを超える超高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」では、「エンターテインメント」「スマートシティ/スマートエリア」「医療」の3つの応用分野において、4.5GHz帯および28GHz帯の5G無線装置を用いたサービス・アプリケーションの実証試験を実施した。

「エンターテインメント」分野では、東京スカイツリータウン(東京都)等の都市部エリアにおいて、4K高精細360度カメラで撮影した映像を伝送し広視野角ヘッドマウントディスプレイで視聴するVRエンターテインメントの検証、8KマルチチャンネルMMT伝送の検証、MR技術を用いた新しいコミュニケーションスタイルの検証、4Kデジタルサイネージの検証、ショッピングモール環境での4K高精細映像配信、スポーツイベントにおける4K高精細ライブビューイングサービスの検証に関する実証実験を実施し、5Gの超高速通信を活用した新しいエンターテインメントサービス様態の可能性やサービス視点での5G性能を確認した。

また、ドコモが東京スカイツリータウンに構築した「5Gトライアルサイト」では屋外環境において最大10.2Gbpsのスループットを確認した。

「スマートシティ/スマートエリア」分野では、東京都において、監視カメラや警備員が携行するウェアラブルカメラなどを想定した警備映像を、監視センター・警備員間共有することによる、施設内監視や広域監視における高度化警備サービスに関する実証試験を実施し、5Gにより顔照合精度の改善等が実現され正確な状況把握やインシデントへの対処時間の短縮を図れることを確認した。

また「医療」分野では、和歌山県において、都市部の総合病院と山間部の診療所とを5Gを含む高速通信ネットワークで接続し、高精細映像を活用した遠隔診療サービスに関する実証試験を実施し、5Gの超高速通信により問診用の4KTV会議システムに加え、診断用の4K接写カメラ映像や超音波映像診断装置(エコー)・MRIなどの医療機器の映像をリアルタイムに伝送することで、遠隔診療サービスの高度化や医師の負担軽減ができることを確認した。

ドコモは、NTTコミュニケーションズが実施主体となる「高速移動時において2Gbpsの高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」にも参画し、28GHz帯の5G無線装置を用いて、電車・高速バスなどを想定した時速90キロで移動する高速移動体に対し4K高精細映像を伝送する試験を実施した。

富士スピードウェイ(静岡県)における自動車に対する伝送試験では時速90キロで最大2.24Gbpsを達成、東武鉄道日光線(栃木県)における走行電車に対する伝送試験では時速90キロで最大2.90Gbpsを達成し、基地局間ハンドオーバーにも成功した。

また、同電車の走行中に4K/8K映像ファイルを基地局サーバーから車載サーバーへ一括ダウンロードし車内表示する実証試験を実施し、5Gエリアを通過する21秒の間に1.2GBの映像ファイルの転送に成功し、車内における多チャンネル映像や多数の利用者のリクエストに応じた大容量コンテンツの提供の実現性を確認した。

【関連リンク】
NTTドコモ(NTT docomo)
総務省(MIC)

Previous

イトーキ・NICT・シャープ、3者共同研究による5Gスマートオフィス実証試験を実施

IoT人気記事ランキング|データの前処理が必要ない分析プラットフォーム ーSIGHT MACHINEなど[3/19-3/25]

Next