東宝と日本マイクロソフトが連携、「日比谷シャンテ」と「ゴジラ」をAIとMRで変革

東宝株式会社と日本マイクロソフト株式会社は連携し、3月23日にリニューアルオープンした「日比谷シャンテ」において、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のAI(人工知能)サービスと、Mixed Reality(複合現実/MR)を実現する「Microsoft HoloLens」を活用した、新しい「ゴジラ」の体験と近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA 2018」を本日開始し、2018年5月下旬より、そのショーケースを一般公開すると発表した。

Microsoft HoloLens を使った屋外アトラクション、『Godzilla Nights』(ゴジラ ナイツ)を開催

Mixed Realityの技術により、目の前にゴジラがいるかのような体験ができる、
Microsoft HoloLensを活用した日本初の屋外アトラクションイベント「Godzilla Nights」を、5月下旬に1週間、日比谷シャンテ前の広場「日比谷ゴジラスクエア」で開催する。

参加者がMicrosoft HoloLensを装着すると、118.5mの存在感で迫りくるゴジラ(『シン・ゴジラ』)が出現。巨大不明生物特設災害対策本部(通称:巨災対)がミサイルによる日比谷防衛作戦を立案。まるでその場にいるかのような臨場感で体験できるという。

体験中のミサイル発射を制御する音声認識と、防衛戦確認の際の自然言語処理などに、Microsoft AzureのAIサービスも活用する。

「近未来の消費体験」を展開

両社は連携して、以下のとおり5月下旬より顧客体験の向上に寄与する近未来の消費体験を日比谷シャンテで実施するという。

1. 顧客に最適な映画をAIが提案

日比谷シャンテの地下2階 休憩スペースにデジタルサイネージを設置し、休憩スペースに滞在している顧客の年齢、性別や表情を、マイクロソフトのAIプラットフォーム「Microsoft Cognitive Services」のAIが分析し、顧客に最適な映画の予告編を自動編成して放映するという。

顧客の顔から性別・年齢を分析して、「その場にいるお客様にあわせた」映画の予告編ムービーを作成するという。

2. 飲食店の空き状況を表示、注文・会計も0分で

日比谷シャンテ内のすべての店舗(予定)にセンサーを設置し、Microsoft Azureで構成されたリアルタイム空席管理データベースを通じて、館内に設置するデジタルサイネージに、各店の現在の混雑状況を表示する。

また、日本マイクロソフトのパートナー企業が提供するアプリと組み合わせることで、一部の店舗では、注文および支払いの待ちの無い飲食体験も提供する。顧客は、映画・演劇の鑑賞前の短い時間でも、快適に食事をとることができるという。

【関連リンク】
東宝(TOHO)
マイクロソフト(Microsoft)

Previous

東芝、オススメ度に合わせて案内する音声対話AI技術を開発

ルネサス、28nmプロセスのフラッシュメモリ内蔵マイコンを発売

Next