NVIDIAとArmが提携、IoTデバイスにディープラーニングを実装

NVIDIA と Armは本日、今後世界市場に投入されるとされる何十億台ものモバイル デバイス、家電製品、IoT デバイスに対するディープラーニング推論の提供に向け提携すると発表した。

今回の提携では、NVIDIA と Arm がオープンソースの NVIDIA ディープラーニング アクセラレーター (NVDLA) アーキテクチャを Arm の「Project Trillium」プラットフォームに組み込み、機械学習を実現する。

この協業により、IoT チップ企業が AI を自社の設計に組み込み、インテリジェントで低コストの製品を提供できるようになると両社は見込んでいる。

NVIDIA の自律型マシン担当バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーであるディープゥ・タッラ (Deepu Talla) 氏は次のように述べている。

「推論は、将来あらゆる IoT デバイスにとって中核的機能となるでしょう。今回の Armとの提携によって、数百社のチップ企業が容易にディープラーニング テクノロジを取り入れられるようにすることで、この普及の波を後押ししたいと考えています。」

Arm の取締役副社長兼 IP グループ担当社長であるルネ・ハース (Rene Haas) 氏は、次のように述べている。

「1 兆台の IoT デバイスを接続するという Arm のビジョンを実現するには、エッジでの AI 採用を促進することが不可欠です。本日、当社は Arm の Project Trillium プラットフォームに NVDLA を取り入れることで、そのビジョンにまた一歩近づくことができました。両社が AI と IoT にもたらす専門知識と機能によって、当社のエコシステム全体は即座に恩恵を受けるでしょう。」

自律型マシン向けシステム オン チップ (SoC) である NVIDIA Xavier をベースとする NVDLA は、ディープラーニング推論アクセラレーターを設計する際の標準的方法を推進することを目的とした、無料のオープン アーキテクチャだ。NVDLA のモジュール型アーキテクチャは、拡張性に優れ、高度に構成可能で、統合と移植性を簡素化できるよう設計されている。

NVDLA には、ディープラーニング推論の普及を促進する多くの利点があるという。これは、プログラマブル ディープラーニング アクセラレーターである TensorRT の近日リリースされるバージョンを含む、NVIDIA の強力な開発者用ツール一式によりサポートされている。

NVDLA のオープンソース デザインによって、研究コミュニティーから提供されるものも含め、最先端の機能を定期的に採用することが可能になるという。

NVDLA と Project Trillium の融合により、ディープラーニングの開発者は、幅広い IoT デバイスにおいて ARM の柔軟性と拡張性を利用するなかで高いレベルのパフォーマンスが得られると期待される。

Moor Insights & Strategy のディープラーニング担当リード アナリストであるカール・フロイント (Karl Freund) 氏は、「これは、アクセラレーテッド AI 推論ソリューションの設計を目指す IoT 企業やモバイル企業、埋め込みチップ企業にとって WIN-WIN と言えます。NVIDIA は AI におけるまぎれもないリーダーであり、また、Arm は IoT におけるリーダーです。したがって両社が IP で提携することは大いに納得できます」と語っている。

【関連リンク】
エヌビディア(NVIDIA)
ARM

Previous

CYBERDYNEと住友商事、オフィスビル清掃の自動・効率化を共同推進

スペクトラム・テクノロジーが「AWS IoT用電力計キット」を発売、月額無料で電力可視化

Next