Netflix共同創業者ほか、世界を変えたトップリーダーが集結  〜スタートアップワールドカップ2018決勝戦〜[PR]

フェノックス・ベンチャーキャピタルが主催する、世界最大級のピッチコンテスト「スタートアップワールドカップ2018」決勝戦が、5月11日(金)に米サンフランシスコにて開催される。当イベントでは、Netflix共同創業者マーク・ランドルフやAppleでも使われているSiriの創業者アダム・チェイヤーなど世界中に影響を与えた豪華著名人がゲストスピーカーとして登壇するということだ。

スタートアップワールドカップ2018ツアー詳細はこちら

「スタートアップワールドカップ2018」では、世界30以上の地域で予選を開催。各地域の代表が優勝投資賞金約1億円をねらい、アイデアを競い合う。イベントの前半は下記の豪華ゲストによるスピーチが、後半には世界各国の代表スタートアップによるピッチコンテストが予定されている。

スタートアップW杯 2018 ゲストスピーカー

  • Netflix 共同創業者 マーク・ランドルフ
  • Tesla Motors 元CIO ジェイ・ヴィジャヤン
  • Siri 共同創業者 アダム・チェイヤー
  • LinkedIn 共同創業者 リード・ギャレット・ホフマン
  • Cisco 元CEO 会長 ジョン・チェンバース
  • サン・マイクロシステムズ 創業者 ビノッド・コースラ
  • Yahoo 元CEO マリッサ・メイヤー(調整中)
  • 伝説のエンジェル投資家 ロン・コンウェイ

世界を牽引する豪華ゲストのほか、スタートアップ、大手企業、投資家などが世界中から集結するネットワーキングパーティーもあるイベントで、起業家にとっても大企業の方にとっても新しい発見やアイデアはもちろん、世界レベルの刺激をうける絶好の機会だ。

また、スタートアップワールドカップ決勝戦では、他の29地域の代表スタートアップと競い合う。

日本地域代表は、ランドロイド(自動洗濯物折り畳み機)を開発するセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズだ。

昨年総合優勝を果たし約1億円の投資賞金を手にしたのは、ロボットやIoTを活用した園児の見守りサービスなどを手掛ける日本地域代表のユニファだった。

ぜひ、2年連続日本地域代表が総合優勝するよう、応援してほしい。

各イベントのチケット販売・特別研修ツアーもご用意

各イベントの個別チケットはこちらで販売されているが、上記ゲストスピーカーのセッションを含めた決勝大会観戦ツアー「シリコンバレー4泊6日:特別研修プログラムツアー」が特別に用意されているということだ。

特別研修プログラムツアーは、スタートアップワールドカップ2018決勝戦に加え、シリコンバレー流ビジネスが学べるワークショップや、シリコンバレーのインナーサークルに入るチャンスとなるネットワーキングパーティーなど、コンテンツが盛沢山。

ツアーの詳細はこちらから
※当ツアーは、近畿日本ツーリスト社による企画です。お申し込み締め切り2018年4月6日(金)午後6時まで。

申し込みはこちら
(クリックすると説明ページへ遷移します)

昨年スタートアップワールドカップ2017年の様子

スタートアップW杯2018
昨年の様子は、こちらのギャラリーでも公開されている。

 
参考:スタートアップワールドカップ公式ウェブサイト:http://www.startupworldcup.io/

Previous

IoT人気記事ランキング|総務省「5G総合実証試験」の成果を発表、デジタルトランスフォーメーションを推進する SAP Leonardo とは?など[3/26-4/1]

スタートトゥデイが新会社を設立、グループ内の技術力を集約

Next