富士通、バッテリーフリービーコン「PulsarGum」の機能強化版を販売開始

富士通株式会社は、バッテリーフリービーコン「FUJITSU IoT Solution Battery-free Beacon PulsarGum(以下、PulsarGum:パルサーガム)」を機能強化し、本日より販売開始する。

同製品は、株式会社富士通研究所の研究成果を活かし、従来品に比べて約10分の1の明るさでも動作可能であるため、照明を抑えた製造現場や施設の廊下、物流倉庫内などより幅広い現場での活用が期待できるという。

IoTの普及にともない、幅広い業種・業界でIoTデバイスの導入による業務革新の検討が進んでいる。IoTデバイスのひとつであるビーコンは、手軽に導入できるため広く利用されているが、新たに顧客の業務環境に設置する際は、各ビーコンの電源の確保や設置作業の手間が大きな課題となっていた。

同社は、太陽電池により電池交換が不要かつ軽量で設置が容易なバッテリーフリービーコン「PulsarGum」を提供し、顧客の業務環境で活用されてきた。従来品は照明の近くでの利用を想定されていたが、製造現場や施設の廊下、物流倉庫など、照明の抑えられた現場でも利用したいといった顧客の声があった。

富士通、バッテリーフリービーコン「PulsarGum」の機能強化版を販売開始

バッテリーフリービーコン「PulsarGum」が発する電波をスマートフォンなどで受信し、IoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」へ連携。その情報を分析することで、人や物の位置や動線の把握、生産性向上に向けた業務分析など、お客様の現場業務の改善活動を支援する。

PulsarGumの特徴は以下の通りだ。

  • より幅広い現場での活用を実現:
    デバイスに内蔵する太陽電池を小型化・多段化するとともに電源回路を改良し、従来品の約10分の1の明るさでの安定動作を実現。これにより、照明の抑えられた廊下や夜間の外灯近くなど、より幅広い現場で活用できるようになった。
  • 屋外での利用が可能:
    デバイスの回路に保護機能を新たに搭載したことで、直射日光が当たり過大な電力が供給された際にも安定動作が可能となった。これにより、屋外の構造物や設備などにも安心して設置できるという。

主な仕様は以下の通り。

・外形 : W19 × D72 × H3 mm
・重量 : 約3g
・無線周波数帯 : 2.4GHz Bluetooth Low Energy
・動作照度 : 300LX
・発信頻度 : 1回/1.28秒(照度300LX以下では間欠動作となる)
・無線出力 : 1mW [通信距離約10m] ・ID : ucode
・防水性 : IPX-7相当

【関連リンク】
富士通(FUJITSU)

Previous

シャープ、5Gに適合する特許ファミリー495件の利用許諾を宣言

北海道石狩市とさくらインターネット、LoRaを利用した河川水位計測システムの試行運用を開始

Next