カナミックネットワークと旭川医科大学、IoTクラウドで遠隔医療・介護の共同研究

株式会社カナミックネットワークは、国立大学法人 旭川医科大学に2018年4月1日より共同研究講座を設置し、IoTクラウド利用の地域包括ケア・グローバルモデル構築を目指した遠隔医療・介護共同研究を開始する。

同共同研究講座設置の狙いは、遠隔医療で実績のある国立大学法人 旭川医科大学と地域包括ケアを推進し医療・介護情報共有システムを手がける株式会社カナミックネットワークが協力して、限られた医療・介護資源の有効活用による地域包括ケアシステムのグローバルモデルを構築することにあるという。

カナミックネットワークと旭川医科大、IoTクラウドで遠隔医療・介護の共同研究

【関連リンク】
カナミックネットワーク(Kanamic Network)
旭川医科大学(Asahikawa Medical University)

Previous

Amazon Echoの一般販売がスタート、新たなAlexaスキルを追加

つながる建機「Cat Connect Solutions」 -日本キャタピラー濱野氏 インタビュー

Next