日産・日本ベネックスら、「みらいの工場」プロジェクトの本格始動

株式会社日本ベネックスと住友商事株式会社は、日本ベネックス本社工場において、屋根置き太陽光パネルと電気自動車(以下「EV」)およびEVのリユース蓄電池を用いた新型蓄電池システムを全て完工し、「みらいの工場」プロジェクトを開始する。

日産自動車株式会社は、日本ベネックスへ商用タイプのEV「e-NV200」10台を提供し、同プロジェクトをサポートする。

同プロジェクトは、再生可能エネルギーとEVのリユース蓄電池システム(400kW)およびEV10台を組み合わせて利用し、エネルギーの効率利用と環境との共生を実現する、スマート工場モデルの確立を目指すものだ。

蓄電池システムは、太陽光発電の出力の過不足を平準化すると同時に、工場の電力需要ピーク時の補助電源として活用され、電気代の削減に貢献する。EVは、従業員の通勤や外出時に使用され、使用済みバッテリーを蓄電池システムにおいて再利用することで、バッテリーのリユースモデルの構築も目指す。

また、蓄電池システムとEV充電は2020年に実用化が期待されるVPP(※1) に対応したシステムであり、充放電のタイミングの最適化などを通じ、エリア全体の電力需給の調整にも貢献する計画だ。日本ベネックスと住友商事は関西VPPへ参画し、蓄電池システムおよびEVの、VPPにおける有用性の検証を進めている。

日本ベネックスは、精密板金加工技術を基盤に産業・電気機器製造事業を手掛け、2012年に環境エネルギー事業に参入。住友商事と共同開発した蓄電池システムをはじめとする最新の環境関連技術一式を備えた「スマート工場」のモデルを構築し、環境エネルギー事業のショーケースとする考えだ。

住友商事は、大阪市夢洲においてEVのリユース蓄電池システムを実用化し、薩摩川内市甑島では、再生可能エネルギーの導入拡大を目的とした、蓄電センターの実証事業を行ってきた。今後は、同プロジェクトの成果を活かし、EVやリユース蓄電池システムの普及拡大とともに、それらを統合制御する新しいエネルギー・マネジメント事業の実現を目指す。

日産自動車は、ゼロ・エミッション領域におけるリーダーとして、EVの開発、販売を行うだけでなく、EVを普及させ、持続可能なモビリティ社会を構築するために包括的な取り組みを行っている。今後も電気自動車の更なる普及に取り組むとしている。

※1 VPP:バーチャル・パワー・プラントの略で、点在する蓄電池などのエネルギーリソースをIoTで統合し、その充放電等を制御することで電力の需給を調整する取り組み。

【関連リンク】
日本ベネックス(BENEX)
住友商事(SUMITOMO)
日産(NISSAN)

Previous

ケイ・オプティコム、IoTで「匠の技」をシステム化、海外産果物・野菜を効率よく育成

富士通が採用計画を発表、AIやIoTなどの成長領域に重点

Next