富士通が採用計画を発表、AIやIoTなどの成長領域に重点

富士通株式会社は、2019年度の新卒採用計画および2018年度のキャリア採用計画を以下の通り決定した。

2019年度の新卒採用については、短期的な景気変動に左右されず、毎年一定数を安定的に採用するため、2018年と同様750名とする。2018年度のキャリア採用については、専門性が高く即戦力となる人材の確保を目指し、150名を採用する計画だ。

同社の成長戦略であるイノベーション領域やデジタルビジネス、グローバルビジネスの拡大に向け、同社が優位性をもつ「テクノロジーソリューション」に経営資源を集中するため、その核となるソフトウェアやサービスなどの重点分野や、AI、IoT、クラウド、セキュリティなどの成長領域へ重点的に人材を配置するとした。

【関連リンク】
富士通(FUJITSU)

Previous

日産・日本ベネックスら、「みらいの工場」プロジェクトの本格始動

NEC、エッジの不正アクセスを見える化し遮断する「IoT Device Security Manager」を提供開始

Next