エフセキュア、IoTホームセキュリティWiFiルーター「F-Secure SENSE」を発表

サイバーセキュリティのエフセキュア株式会社は、IoT&スマートホーム市場に向けた新製品「F-Secure SENSE」(以下、SENSE)を発表した。

SENSEは、エンドポイントセキュリティ機能を搭載したWiFiルーターで、PCやスマートフォンはもとより、スマートスピーカーや冷蔵庫などのネットワーク家電、ゲーム機など、ハードウェアやOSを問わず、ホームネットワークに接続されたすべての機器をインターネットの脅威から保護する。

今後、販売パートナーの拡充により、国内のIoT&スマートホーム市場を積極的に開拓する計画で、ニフティ株式会社がすでに販売パートナーとなり、本日4月17日から提供開始する。また、株式会社ノジマの家電量販店でも販売することが予定されている。

さらに、CATV局向けコールセンターやホスティングサービス、各種ASPサービスを提供するサイバー・ネット・コミュニケーションズ株式会社が新規パートナーとなり、全国のCATV局に販売する予定だ。

SENSEによって解析されるトラフィックは、エフセキュアのセキュリティ研究所が管理するセキュリティデータベース「F-Secureセキュリティクラウド」と連携し、レピュテーションや振る舞いに基づいて脅威がブロックされる。ファミリールールで、デバイス毎の接続をコントロールすることも可能だ。

SENSEは、セキュリティソフトウェアもWiFiルーターとセットで提供されるので、個別に購入する必要がなく、SENSEエージェントをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスにインストールすれば、家の中だけでなく、外出先のどこにいてもデバイスを安全に保つことができるという。

また、ネットワークの状態や脅威の検出結果はスマートフォンアプリから確認可能で、全てのアラートや通知がアプリ上に表示される。

F-Secure SENSEの特長は以下の通りだ。

  1. スマートプロテクション
    • SENSEはさまざまな生活空間にセキュアなネットワークを構築。
    • SENSEによって解析されるトラフィックは「F-Secureセキュリティクラウド」と連携。
    • 脅威はレピュテーションや振る舞いに基づいてブロックされる。
  2. スマートコントロール
    • セットアップから管理まで洗練されたアプリケーション。
    • 全てのアラートや通知をアプリ上に表示。
    • 現状の脅威情報を提供。
  3. スマートオン・ザ・ゴー
    • SENSEエージェントをモバイルデバイスにインストールすれば、家の中だけでなく、外でもデバイスを安全に保つ。

【関連リンク】
F-Secure SENSE
エフセキュア(F-Secure)

Previous

ZMP、自動運転の実証実験エリアを拡大、2020年東京五輪に向け

筑波大 立本教授が語る、「エコシステム」の意味とは[Original]

Next