コニカミノルタの産業向けスマートグラス ーハノーバーメッセ2018レポート2

ドイツ、ハノーバで開かれている、ハノーバメッセ2018のレポート第二弾はコニカミノルタ・ヨーロッパのスマートグラスだ。

このスマートグラス、日本のガラス研磨技術をつかっていて、ガラス中央にスクリーン状のものがあり、グラス上部から投影する仕組みとなっている。

さらに、Linuxが搭載されたスマートグラスを動かすデバイスには、スマートグラスに投影する画像のパターンを登録することで、様々な作業における作業手順をアシストするというのだ。

コニカミノルタのスマートグラス ーハノーバメッセ2018
実際に組み立て工程を体験したが、現実部分も、投影部分も、かなり視認性がよかった。

実際に体験してみたが、初めてでも簡単に組み立てることができた。

実際に、SIEMENSやHoneywellでのパイロット利用が行われた実績もあるということだ。

視界をふさがない、かなり視界が良好なスマートグラスで、表示されている内容も見やすいので、今後のスマートファクトリーでの利用が期待される。

パイロットテストをしたい場合は、smartglasses(あっとまーく)konicaminolta.euまで連絡してほしいということだ。

関連リンク:
コニカミノルタ・ヨーロッパ

Previous

LIGHTz、匠の技術をAIで伝承 ーハノーバーメッセ2018レポート1

Ayla Networks、IoTデバイス・サービスの開発・導入を支援するIoTコンサルティング・サービスを発表

Next