世界のスマート鉄道市場、2020年には137億7000万米ドルへ

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「スマート鉄道市場~2020年までの予測:旅客・貨物情報システム、セキュリティ・監視システム、鉄道通信ネットワークシステム、スマート発券、鉄道分析」(MarketsandMarkets発行)の販売を12月7日より開始した。

世界のスマート鉄道市場は、2015年には53億4000万米ドル、2020年には137億7000万米ドルの規模に達し、また2015~2020年に0.8%の年平均成長率(CAGR)で成長する見通しだ。

特に、旅客情報システムや鉄道分析機能といった分野が今後大きく成長すると見られている。

また、世界の鉄道業者が今後直面する課題(需要成長率の見通しやコスト管理、安全性の確保、環境基準の達成、拡大する一方の顧客側の期待、など)に対応するためにも、スマート鉄道ソリューションの開発・統合によりスマート鉄道インフラを構築することに、鉄道事業者の関心が移行しつつある。

クラウドサービスの活用により、スマート鉄道の市場はこれから巨大な市場機会を生み出すと期待されている。

 

【関連リンク】
グローバルインフォメーション

Previous

エクシング、人型ロボット「Pepper」向けJOYSOUNDの「介護予防プログラム」アプリがPepper Innovation Challenge 2015にて『ベストヘルスケアビジネス賞』受賞

サムスン(Samsung)、”サークルUX”搭載のスマートウォッチ「Gear S2」「Gear S2 classic」を発表

Next