ジグソー、IoT-MVNO事業へ参入。提携事業者として、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社を選択。

ジグソー株式会社は、IoT-MVNO事業への参入にあたり、まず、その第一弾としてエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(以下「NTT Com」)が提供するモバイルサービス「OCNモバイルONE forBusiness」及び「Arcstar Universal Oneモバイル」の取扱いを開始し、同社オリジナル「IoT-MVNOサービス」としてスタートする。

 

「OCNモバイルONE for Business」はNTTドコモ網の利用が可能で、「Arcstar Universal Oneモバイル」はインターネットを経由しないセキュアな閉域通信網(VPN接続)での提供が可能となる。

同社は、この両サービスを採用することにより、法人向けビジネスにおける、M2MあるいはIoT分野におけるセキュア環境の設定や様々な幅広い顧客ニーズに応える。

まず今回は、同社IoT-MVNO事業をNTT Comの「OCNモバイルONE for Business」及び「ArcstarUniversal Oneモバイル」をベースにしたサービスからスタートするが、IoTデータの自動取得からモバイルネットワークを活用してのインターネット接続、取得したIoTデータの自動認識、自動振り分けなどのデータコントロールなど、同社のIoT Data Control Chainにおけるサービス範囲を更に拡大し、IoT領域におけるワンストップサービスの提供に向けて今後もパートナー企業とのサービス連携に努め、客が導入しやすいサービス設計に努めていく。

またIoT-MVNO事業は今後の次世代規格及びグローバル展開も踏まえたスキームを具体的に検討・交渉中だ。

 

【関連リンク】
ジグソー
NTTコミュニケーションズ

Previous

インフォコーパス、SensorCorpus「センサーつなぎ放題プラン」を開始

富士ソフト、ロボット相撲の世界一決定戦 第2回世界大会「INTERNATIONAL ROBOT SUMO TOURNAMENT 2015」開催。

Next