VRアーティスト せきぐちあいみのパフォーマンスでVRの良さを伝える ーハノーバーメッセレポート14

ハノーバーメッセレポートの第14弾は、駿河精機のブースで行われていたVRアーティスト せきぐちあいみ氏によるパフォーマンスだ。

これまでも、VRの没入感の凄さは様々な形で展示されてきたが、なかなか体験したことがない人には伝わりづらいところがあった。

数年前のCESでのオキュラスの展示や、サムスンのGalaxy Gearでのジェットコースター展示など、一度体験をしてみるとわかるが、見ている来場者に伝えるのが難しい。

そこで、HTCなどは、ゲームにVRを活用し、ゲームのプレーヤーの目線を大型ディスプレイに投影するというような取り組みを行ってきた。

今回のVRアーティストのせきぐちあいみ氏のパフォーマンスでは、何もない3D空間上にものの数分で龍の絵を描くというものであった。来場者には龍が描かれる様子を大型のディスプレイで共有されていく。

器用に筆を持ち替え、色を塗り分けながら、どんどん龍を描いていくのに来場者も見入っていた。

VRアーティスト・せきぐちあいみ ハノーバーメッセ
3D空間上に龍がかかれるのだが、初めは2Dのようにも見えていた
VRアーティスト・せきぐちあいみ ハノーバーメッセ
体全体を使ってダイナミックに書き進めていくと、どんどん3D空間上に龍が浮かび上がってくる

パフォーマンスの見せ方について、パフォーマンス終了後、VRアーティストのせきぐちあいみ氏は、「今の所、パフォーマンス中の視界をディスプレイに投影するやり方が一番良いと思っている」「パフォーマンスを見て興味を持った方はぜひヘッドセットの中から3Dの世界をみてほしい」と述べた。

実際に出来上がった3D空間上の龍をヘッドセット越しにみるとまた違った奥行き感があり、改めて興味を惹かれた。

VRアーティスト・せきぐちあいみ ハノーバーメッセ
最終的には図のような絵が描かれるのだが、ヘッドセットをつけて見ると空間の中に入り込むことができ、まるで違う景色に見える。

ちなみに、せきぐちあいみ氏は、様々なVRイベントなどでパフォーマンスを行っているということだ。今後、このようなVRに関するパフォーマンスが広がることで、VRの没入感の凄さが多くの人に伝わるだろう。

関連リンク:
VRアーティスト せきぐちあいみ

Previous

マイクロソフトはエッジへの対応力が強化 ーハノーバーメッセレポート13

ドローンの人命救助、2017年は65名:DJIが発表

Next