デンソー、後付けドライバーステータスモニターを発売

株式会社デンソーは、トラックやバスなど商用車の交通事故低減に寄与する安全製品として、既販車両に後付け装着可能なドライバーステータスモニターを5月15日に発売した。

今回、デンソーが発売する製品は、車室内のカメラで撮影したドライバーの顔の画像から、脇見、眠気、居眠り、不適切な運転姿勢などの運転状態を推定し、音声で警告。全国のバス・トラック販売店、デンソーセールスおよびデンソーサービス店などにて販売を開始し、順次、海外でも販売していく予定だ。

デンソー、後付けドライバーステータスモニターを発売
取り付け例

デンソーは、2014年にドライバーステータスモニターを開発し、現在、大型トラックや大型観光バス向けに製品を提供している。また2017年には、ドライバーの状態検知性能の向上を目的にアイルランドのFotoNation社と協業を開始し、次世代型製品の開発を行ってきた。

新製品は、FotoNation社の持つ顔画像認識およびニューラルネットワーク技術により、検出する顔特徴点を増やすことで、運転状態の検知精度とマスクやサングラスなどによる顔の部分隠ぺいに対するロバスト性を高めた。

トラックやバスなどの大型商用車両は事故による被害が甚大化しやすい一方で、車齢が長いため既販車両には最新の安全装置の普及が進みにくいという課題がある。

今回発売するドライバーステータスモニターでは、既販車両に後付けで装着することができるため、大型商用車への安全装置の普及を加速させ、前方不注意などに起因する事故の低減に貢献したい考えだ。

また同製品で検出した運転中のドライバーの状態はSDカードに記録され、運行管理者とドライバーは、警報の回数や警報時のドライバーの画像などの運転状況を振り返ることができ、安全運転指導に役立てることが可能。

また2018年夏には、デンソーより発売予定の商用車向け新型テレマティクス端末、または富士通株式会社製のクラウド型デジタルタコグラフと連動し、リアルタイムに運行管理者にドライバーの居眠り運転等の状態を通知することも可能にするという。

デンソー、後付けドライバーステータスモニターを発売
製品仕様

【関連リンク】
デンソー(DENSO)
フォトネイション(FotoNation)

Previous

金沢工業大学BusStopプロジェクト、野々市市のコミュニティバス「のっティ」バスどこシステムの実証実験

韓国発ロッテ百貨店でも使われている「手ぶらでお買い物サービス」 —第7回IoT/M2M展レポート【Original】

Next