イージェーワークス、AIキャラクター立体サイネージ「インフォロイド」のサービス提供を開始

WEB開発事業を行う株式会社イージェーワークスは、株式会社横浜アリーナ、学校法人岩崎学園 横浜デジタルアーツ専門学校と横浜地域の活性化を目的とした産学共同開発を行い、本年5月19日よりAIキャラクター立体サイネージ「インフォロイド」のサービス提供を開始する。

「インフォロイド:inforoid」は、大型透過ディスプレイを採用した、等身大キャラクターとの対話による横浜アリーナの施設・周辺情報案内、コミュニケーションが可能な立体的AIインフォメーションサービス。

キャラクターのプロフィールや、現在時間、トイレや売店など各施設の場所、終電など様々な情報を聞いたり、会話を楽しむことができる。

また「踊って」と声をかけることでダンスを披露。単なる情報案内端末からアトラクションとしても楽しめるプラットフォームとなることを目指したという。

サイネージ筐体は立体表現を実現するために透過液晶を利用、キャラクターの存在感、イメージを損なわないよう白を基調に明るさを強調し、独自でデザイン・設計・開発。蟻十 あんず(アリトウ アンズ)という横浜アリーナの新キャラクターを設定し、横浜デジタルアーツの学生から公募を行い、優秀作品を採用した。

今後は、横浜地域の商業施設と情報連携を図り、コンテンツの充実と、会話情報データを参考にして、横浜デジタルアーツの学生と協力してキャラクターの成長を進めていくとした。

また、同社はここで得たニーズやノウハウに基づき、商業施設向けサービス提供を進めて行くほか、共同で研究開発協力を行える企業を広く募るという。

インフォロイド(inforoid) アリトウ アンズ AI デジタルサイネージ

【関連リンク】
イージェーワークス(ejworks)
横浜アリーナ
学校法人岩崎学園 横浜デジタルアーツ専門学校

Previous

AIというバズワードに惑わされるな[Premium]

みずほFG・富士通など、スマートスタジアム構想におけるIoT決済の実証実験

Next