日産、自動的にサッカーのピッチに白線を引くロボット「ピッチアール」を開発

日産自動車株式会社は5月28日、ウクラナのキエフで開催されたUEFAチャンピオンズリーグ2017-2018シーズンの決勝戦で、新型「日産リーフ」などに搭載している自動運転支援技術「プロパイロット」の技術から発想した、自動的にサッカーのピッチに白線を引くロボット「ピッチアール」を披露した。

「ピッチアール」は、4つの車載カメラによる映像とGPSによる位置追跡、衝突防止システムを活用することで、芝生、アスファルト、砂利で覆われた路面でも、環境に優しい溶解性塗料を使ってピッチのラインを、わずか20分で引くことができるという。

また、日産が独自開発した脳波測定による運転支援技術「Brain to Vehicle(B2V)」を現地に設置した特設ブースにて展示。同技術は、ドライバーの脳波を測定することで、ドライバーが次にどのようなアクションを取ろうとしているかを予測する。

例えば、ドライバーがブレーキを踏む、ステアリングを回すなどの操作をする直前に、ドライバーの意思を把握し、ドライバーが操作を開始する0.2~0.5秒前にクルマの運転操作を開始することが可能だという。

【関連リンク】
日産(NISSAN)

Previous

難病ALSに負けず、ウエアラブルデバイスを駆使してVJ/DJを実現 -武藤 将胤 氏 6/19 MOVE FES2018開催

Sensor&NetworkのWi-SUN対応「GP-BOARD」とインフォテリアの「Platio」で、センサーデータを可視化

Next