Sensor&NetworkのWi-SUN対応「GP-BOARD」とインフォテリアの「Platio」で、センサーデータを可視化

インフォテリア株式会社と、株式会社Sensor&Network(以下、S&N)は、IoT/M2M向け無線通信技術として注目されている国際無線通信規格Wi-SUN(Wireless Smart Utility Network、ワイサン)を利用できる組込ソフトウェアとI/Fボード「GP-BOARD」を発表。

同時に、インフォテリアのモバイルアプリ開発基盤「Platio」を通じてWi-SUNで取得したデータをモバイル上で簡単に可視化できるソリューションも発表した。

Sensor&NetworkのWi-SUN対応「GP-BOARD」とインフォテリアの「Platio」で、センサーデータを可視化

Wi-SUNは、IoT/M2M向けの無線通信技術として認知度が高まっている。特に、これまで電源環境やネットワーク環境の制約により通信エリアを確保出来なかった環境のデータ取得への利用が期待されている。

しかしその一方で、Wi-SUNの導入においては相応の開発コストと開発期間を要することや汎用性の高い機器が少ないなどの課題を抱えている。

とりわけ、クラウド環境やアプリケーションは独自で用意する必要があるため、運用に際しての利便性も実現するアプリ開発には、さらなるコストと開発工数を見込まなければならず、こうしたハードルの高さも容易な導入を阻んでいる状況だという。

S&Nは、「Wi-SUNセンサーネットワーク開発を、もっと手軽に!」をスローガンに掲げ、種類やメーカーの異なる機器を短期間で効率よくつなぐ「Wi-SUN共通接続I/F組込ソフトウェア」と、Wi-SUNセンサーネットワーク構築に適した汎用Wi-SUNセンサーI/Fボード「GP-BOARD」を開発。

このソフトウェアを用いてGP-BOARDを機器に設置・接続することで、温度・加速度・熱などを感知する様々なセンサー情報や稼働情報、さらにはカメラからの画像データを取りまとめてWi-SUNで送れるようにした。

インフォテリアのモバイルアプリ開発基盤「Platio」は、クラウドサービスとしてアプリ開発・実行・データ管理環境をワンストップで提供している。

Platio Web APIを活用し、「Platio」にセンシングデータを送ることで、Wi-SUN経由で取得したデータをモバイル上で簡単に可視化することが可能だ。取得したデータはクラウドに保管されるため、管理画面から過去データを閲覧すること、CSVやEXCEL形式で抽出することもできる。

【関連リンク】
インフォテリア(Infoteria)
センサーアンドネットワーク(Sensor&Network)