星野リゾート、アクロクエストテクノロジーの「EaaS」と「BVD構築サービス」を採用

星野リゾートがアクロクエストテクノロジー株式会社のアプリケーション性能管理ツール「ENdoSnipe as a Service(EaaS)」を導入し、TV放映等でアクセスが急増するECサイト応答時間を80%削減を実現し消費者の利便性向上に効果を発揮した。

また、「ビジネスバリューダッシュボード構築サービス(BVD構築サービス)」も導入し、全宿泊施設の稼働率、経営指標をグラフ等で見える化して経営判断を支援している。

 

【採用の成果】

今回の採用により、以下が実現された。

■「ENdoSnipe as a Service」により、星野リゾート宿泊予約サイトの安定運用を実現

星野リゾートの宿泊予約サイトはテレビ放映の度にアクセスが集中し、応答速度が悪化する事象に悩まされていた。

ENdoSnipe診断機能によりシステムのボトルネックを特定・改善することが出来たため、繁忙期のシステム応答時間を、80%削減するなど、客の利便性向上に効果を発揮している。

 

■「BVD構築サービス」により、全宿泊施設の稼働率、経営指標をグラフ等で見える化して経営判断を支援

これまでは個別に評価していた施設の稼働状況を集約し、単一のダッシュボード上で評価できるようになった。

予約サイトのアクセス状況や施設毎の詳細情報も参照できるようになっており、経営の可視化、システム運用状況の可視化を実現している。

ダッシュボードの表示速度も、従来利用していた他社製品より向上しており、素早い状況把握、判断が可能になった。

また、2015年12月16日開催のelastic{on}にて、星野リゾートが、今回の取り組みの成果を発表する。

 

【採用の決め手】

星野リゾート宿泊予約サイトはTV放送等でアクセスが急増することが多く、安定性の向上、性能改善、システムインフラストラクチャーおよび運用部門(I & O部門)のビジネス貢献度把握が重要な課題となっていた。

ENdoSnipeはシステムのボトルネックを診断するPerformance Doctor機能を備え、システムの改善点を素早く検出できるうえに、他社のアプリケーション性能管理製品と比べ、20%程度の低コストで導入できるというメリットが評価され、採用に至った。
合わせてENdoSnipeによる診断サービスも採用されており、スピーディな問題の検出、解決に貢献している。

 

I & O部門のビジネス貢献を示すために、BVD構築サービスが有効と判断された。
今後、可用性、応答性などのシステムKPIと、成約数や収益性などのサービスKPI、ビジネスKPIとの相関分析に活用する予定。
今回のBVD構築サービス採用では、Elastic社の提供するElasticsearch、Kibanaを活用することにより、早期に可視化を実現。

 

【今後の展開】

Acroquestは、今回のBVD構築により得たノウハウをベースに、今後以下の分野に注力し、さらなるサービス向上を実現するとともに、顧客企業のOperational Excellence実現に貢献していく。

 

■Webサイトの速度可視化/品質可視化

Webサイトのコンテンツやユーザの端末、ネットワーク速度による応答時間の差異の可視化、コンテンツの品質可視化を実現し、問題点の絞り込みを容易にすることで、ユーザの快適なエクスペリエンスの実現を支援する。

 

■機械学習を活用した需要や収益の未来予測、シミュレーションの実現

今回のBVD構築に採用したElasticsearchは最新のバージョン2.0でデータ検索、集計機能が強化されており、未来予測や異常検知を可能になった。

BVDに統合したデータを、機械学習等の技術を用いて分析することにより、需要予測やレベニューコントロールによる収益向上シミュレーションが可能になる。

AcroquestはElastic社とリセラー契約を締結しており、今後もElasticsearchの活用によるサービス強化に努めていく。

 

■セキュリティ脅威検出への応用

外部からの侵入検出やアラート、内部不正アクセスによる顧客情報流出の防止等、セキュリティ分野での応用を実現。

 

■ワークロード管理、生産性管理への応用

勤怠情報と稼働情報の統合により、スタッフのワークロード管理やスキル管理、生産性の管理・向上を実現。

 

【ENdoSnipe as a Service(EaaS)について】

「ENdoSnipe as a Service(EaaS)」は、オンライン上(Amazon Web Service)で利用可能な、同社開発のアプリケーション性能管理ツール「ENdoSnipe」のSaaSサービス。

同サービスは条件付で、既存競合サービスと比較し低価格で利用可能。また、サーバの用意もセットアップ作業も不要。ユーザは他サービスから同サービスに乗り換えることで、ソフトウェアの開発から運用に渡って、APM適用のTCOを、大幅に削減することができる。

■サービス特長

1.リーズナブルな価格で提供
→性能情報保存期間に条件を設ける事により低コストを実現。
本サービス(年間28万円~)は他社製ツール(初期費用数百万円、保守費用百数十万円/年)に比べて低コストで導入可能。

2.導入が素早く可能
→面倒なサーバセットアップは不要です。申込み後、即日対応。手軽な設定でアプリケーション性能管理が可能。

3.強力な診断機能
→「Performance Doctor」機能によるプログラム診断、SQL診断でアプリケーションの障害を即時に「見える化」。
オンライン上でいつでもどこでも、性能管理情報を把握できる。

 

【ビジネスバリューダッシュボード構築サービス(BVD構築サービス)について】

「ビジネスバリューダッシュボード構築サービス(BVD構築サービス)」は、システム性能を可視化し、システムがビジネスに与える影響を把握可能とするダッシュボード構築サービス。同サービスを導入することで以下が実現可能になる。

・システム状況に疎遠であった経営者・事業担当者でも、ITシステムがビジネスに与える影響を掴むことが可能
・経営状況を可視化することにより、経営者とIT部門間の円滑なコミュニケーションが可能
・システム状況が経営に与える影響を可視化することにより、的確なIT投資やビジネス改善を進めることが可能

 

【関連リンク】
アクロクエストテクノロジー
星野リゾート
ENdoSnipe as a Service(EaaS)
ビジネスバリューダッシュボード構築サービス(BVD構築サービス)

Previous

メノックス、サービス運用・保守までをトータルサポートする IoTデータ監視ソリューションの提供を開始

IDC、国内PaaS(Platform as a Service)市場予測を発表

Next