DEEPCORE、最大60億円規模のAIスタートアップ特化ファンドを設立

AI特化型インキュベーターの株式会社ディープコア(DEEPCORE)は、シード、アーリーステージのAIスタートアップへの投資を目的としたベンチャーキャピタルファンド「DEEPCORE TOKYO1号 投資事業有限責任組合」を設立。

同ファンドの資金規模は総額60億円を目標としている。また同ファンドの第1号案件として、2018年4月に株式会社VAAKに出資した。

DEEPCOREは、「CORE for Disruptive Innovations」をミッションにAI、特にディープラーニング分野の優れた若手起業家の育成を目指すAI特化型インキュベーターだ。

技術で破壊的イノベーションを起こす起業家を育成するエコシステムを構築し、ディープラーニングをはじめとしたAI技術の社会実装を目指している。

東京都文京区本郷にコミュニティ&コワーキングスペース「KERNEL HONGO」を今夏オープンし、AIテクノロジードリブンなコミュニティ運営や企業などとの共同実証実験、スタートアップ支援を行う予定だ。

DEEPCOREは、有望なAIスタートアップの成長を支援し、日本から世界に破壊的イノベーションを起こすことを目指し、同ファンドを設立した。

同ファンドは、シード、アーリーステージの有望なAIスタートアップに投資を行い、成長を支援することを目的としている。

DEEPCOREが運営する「KERNEL HONGO」から生まれたAIスタートアップや、既に設立されているAIスタートアップも投資対象となる。

投資先へは、主に以下のようなサポートを行う。

  • 事業面および技術面のサポート
  • アーリーステージでの資金提供、次ラウンド以降の資金調達支援
  • NVIDIAのサポートによる技術コンサルティングの提供、「Deep Learning Institute(DLI)」の開催、「Inception Program」への推薦
  • 総務、経理、人事、PRなどのバックオフィス支援パッケージ提供(詳細は後日発表予定)

DEEPCOREは2018年4月に、同ファンド投資第1号案件としてVAAKへの出資を実行。それについて、株式会社VAAK 代表取締役社長 田中遼氏(トップ写真右)は以下のようにコメントしている。

「DEEPCOREのAIスタートアップに特化したサポート体制や、仁木氏をはじめとするメンバーの投資経験・知見やAIへの理解、人柄、また支援内容、グループとのシナジー、これらが決め手となり、同社にご支援いただく運びとなりました。第1号案件としてポートフォリオをけん引すべく精進してまいります」

また、株式会社ディープコア 代表取締役社長 仁木勝雅氏(トップ写真左)は次のように述べている。

「防犯ソリューションは、小売業をはじめさまざまな業界での高い需要と社会的貢献が見込まれる領域です。われわれは、VAAKのAIによる行動解析技術とサービス導入の容易さが、当該領域に大きなインパクトをもたらすと考えています。また、連続起業家である同社代表取締役社長の田中氏が持つ経営手腕および技術力に高く期待しています」

【関連リンク】
ディープコア(DEEPCORE)
バーク(VAAK)

Previous

「スマホだけで」設備の稼働率を見える化、武州工業がIoTアプリ「生産性見え太君」を提供開始 —スマートファクトリーJapan 2018

”着るロボット”で高齢者の暮らしを支援、パナソニックとATOUNが開発

Next