ナレッジワークス、自然言語処理と機械学習などを使用したビッグデータ活用プラットフォームをアマゾン ウェブ サービス上に構築

ナレッジワークス株式会社は、同社の検索サービス「SCOPE」で培ってきた自然言語処理のノウハウを、機械学習や深層学習など新技術と組み合わせてサービスを提供する『データサイエンス事業』を、2015年12月16日(水)に開始した。

ナレッジワークスは、「アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)」上に、Amazon Machine Learningをはじめとする、Amazon Kinesis、AWS Lambda、Amazon S3、Amazon Redshiftなど複数のAWSサービスと「オープンソースソフトウェア(以下 OSS)」を組み合わせ、自然言語処理、機械学習、深層学習、グラフ分析などが可能な『ビッグデータ活用プラットフォーム』を提供する。

ビックデータの利活用に注目が集まる中、データ活用のためのプラットフォームを、信頼性とスケーラビリティに優れたAWS上にOSSを組み合わせて構築することで、顧客にとって、アプリケーション開発~稼働・運用開始までの時間を短縮し、早期に効果を得る選択肢を提供する。

また、顧客は、ナレッジワークスが提供するアプリケーション開発サービス「Siba」を利用することで、ビッグデータを収集/加工/分析/表現/提供するアプリケーションを、早期に開発・稼働させることができると共に、特定メーカーに依存しないOSSライセンスの特性に基づき、稼働後の機能拡張の際にもアプリケーションのブラックボックス化などに悩まされることはない。

 

【ビッグデータ活用アプリケーション開発サービス「Siba」の内容】

・ビッグデータを活用した新事業、新サービス企画
・ビッグデータ活用プラットフォーム構築・運用
・ビッグデータ収集・加工(拡張タグ付与、自動要約、ジャンルや緊急性の自動分類)サービス
・情報検索、分析アプリケーション開発
・商品・サービスのDNA抽出とマッチングへの活用
・機械学習などを使用した予測・判別モデル生成
・リアルタイム予測/判別アプリケーション開発
・インタラクティブWeb/パーソナライズAPI開発 など

 

ナレッジワークスは、既にAWSのパートナープログラム「AWS Partner Network (以下 APN)」に参加するアドバンスド テクノロジー パートナーだ。

自ら「ビッグデータ活用プラットフォーム」を使用しているが、AWSで提供されている様々なサービスの選択肢が同プラットフォームの開発に柔軟性と開発生産性をもたらしたことを実感している。

 

【関連リンク】
ナレッジワークス

Previous

エブリセンス、IoTデータ交換取引所を開設、トライアル会員向けサービスを日本からスタート

Airbiquity、世界の自動車市場でインフォテインメント提供サービスを拡大

Next