オプテックス、オフィスのシェアスペースの利用状況などを可視化する「存在検知センサー」を発売

オプテックス株式会は、オフィス内の会議室利用状況やシェアスペースの在席状況などを確認できる存在検知センサー「CPD」の販売を8月より開始。働き方改革に代表される、活発なコミュニケーションや自由なワークスタイルに合致した、フリースペースの効果的な運用を実現するために開発した製品だという。

オプテックス、オフィスのシェアスペースの利用状況などを可視化する「存在検知センサー」を発売

現在、IoT を活用してオフィス内の会議室や休憩所・フリーデスクの利用状況などの確認や、慢性的なスペース不足を解消するために、オフィススペースの最適化を行うコンサルティングサービスを導入、または導入を検討する企業が増加している。

このサービスは、天井や机などの下に設置された人感センサーによって人の在/不在を判別し、そこで得られた情報からスペースの空き状況や在席状況を可視化、ユーザの利便性向上・無駄スペースの解消・利用状況に応じたレイアウトの最適化提案などを行うものだ。

これらのサービスでは、人の存在を判別するさまざまなセンサーが利用されているが、実際に確認すると空いているはずの会議室が使用されていたり、誰も使用していない会議室が利用中となっているなど、センシング精度に課題があった。

オプテックスのワイヤレス存在検知センサー「CPD」は、集中している状態などのほとんど体の動きがない時や、座席の周りに人の往来がある時でも、着席している人を確実に判別できるため、高い精度で利用状況確認が可能だという。

設定はボタンのみで配線不要の簡単取付。多くの場所に設置しても導入ハードルの低い価格設定を実現し、オフィスのスペースマネジメントの運用者、施工者の双方の負担低減に対応する。

オプテックス、オフィスのシェアスペースの利用状況などを可視化する「存在検知センサー」を発売

センサーから得た在席情報を在席管理システムなどと連携することで、PC やスマートフォンから遠隔で「今」の状況を把握できる。これにより、オフィスのスペースマネジメントを推進する運用者にとっては、スペースの有効活用の実践や生産性向上とともに、ワークスタイル改善投資に対する費用対効果を高めることが可能になるという。

また、利用者にとっては、空いている場所を探したり、待ち時間を短縮できるなど、効率的な行動をとることが可能だ。

活用事例は以下の通りだ。

  • 予約された会議室やシェアスペースの空き状況の確認
  • 社員の在席率や会議室の稼働率などの情報を「見える化」
  • オフィスビルの各フロアの休憩所の使用状況の確認
  • 連絡を取りたい相手の在席状況の確認

存在検知センサーには、以下の特徴がある。

  1. 現実的な運用レベルで人がいる、いないの判定精度
    ・じっとしている時でも「いる」判定:議論や作業に集中している時は、体の動きはほとんどない。同センサーは、人の動きを検知するのではなく人の存在を検知するため、じっとしている動きの少ない状態でも「いる」の判定が可能。
    ・通行人は無視判定:オープンスペースや個人の固定席の周りには、多くの人が行き交う。机の下に設置したセンサーは、ピンポイントの検知領域と独自のアルゴリズムにより、通行人による誤判定を排除する。
  2. 簡単設定、簡単取付
    ・ボタン1 つで設定完了:設定は、ペアリングボタンを押すだけ。あとは、センサーの角度を座席の高さに合わせて調整すれば設置完了。
    ・電池駆動で配線不要:電池式のセンサーなので電源や配線工事が不要。また、リチウム電池1 本で、5 年間電池交換が不要(使用頻度によって異なる)。
    ・両面テープで簡単設置:ビス止め不要で、小型のセンサーを机の下に両面テープで貼りつけるだけの簡単設置。レイアウト変更や設備の入れ替えの時でも移設が簡単。
  3. 多くの場所に設置しても導入ハードルの低い価格設定
    ・フリーテーブルやカウンター席、個人の自席などオフィスでの設置箇所は多くある。必要な場所に利用できるようセンサー端末の低価格化を実現。また、電源や配線工事が不要であるため、設置作業費や工事費を軽減できる。
オプテックス、オフィスのシェアスペースの利用状況などを可視化する「存在検知センサー」を発売
製品の仕様

【関連リンク】
オプテックス(OPTEX)

Previous

NTT、声の特徴に基づき 聞きたい人の声 を抽出するAI技術を開発

日立、産業機械の修理作業を自動提案するAI技術を開発

Next