ソニービジネスソリューション、NTTドコモの「5Gデモバス」内に仮想空間を実現

ソニービジネスソリューション株式会社は、株式会社NTTドコモの「5Gデモバス」に向けて、車内で5Gを体感できる仮想空間Warp Squareを中心とするシステム一式を納入した。

「5Gデモバス」は、2020年の実用化を目前に話題になっている次世代通信「5G」のプロモーションのために、NTTドコモが各地のイベントで5Gを体感できる車両として製作したもので、2018年4月19日より稼働開始されており、全国の5Gイベントで使用予定だ。

なお、ソニービジネスソリューションはドコモ5Gオープンパートナープログラムの参加企業で、同件以外も5Gに関する各種協業を行っているという。

ソニービジネスソリューション、NTTドコモの「5Gデモバス」内に仮想空間を実現
車内投影映像例

今回、ソニービジネスソリューションが提供した仮想空間Warp Squareは、ソニー製4K超短焦点プロジェクターを計4台と、13K(前面(7K)および側面(3K))のワイドスクリーンで構成され、視聴者は仮想的に作られた繋目のない映像に囲まれることで、あたかもそこにいるかのような没入感を体験できるという。

また5.1chオーディオの設備も配備しており、映像音響の両面からこの特別な空間を作っているという。

移動する車体へのシステム納入にあたって、ソニービジネスソリューションが長年培ってきた中継車製作の技術により、振動への備えとともに安全性も配慮。

4K超短焦点プロジェクターを使用することで、車内の限られた空間でも設置が可能で、超短焦点の特長を生かしたプリズムスクリーン採用により、光吸収層で外光や隣スクリーンからの映り込みが軽減でき、視野角も広く、コントラストの良い映像を表示できるという。

これらを活用し、複数の4Kカメラによって、ライブ映像を投影することで光学迷彩技術への要望にも対応。今後は5Gで通信された高精細な映像を取り込み、その場にいるような疑似体験もできるようになっているという。

【関連リンク】
ソニービジネスソリューション(Sony Business Solutions)
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

日立、産業機械の修理作業を自動提案するAI技術を開発

HannoverMesse/CeMAT2018にみるロジスティクスの最前線 ーSOUCO 北山氏による解説

Next