マイクロソフト、GitHubを75億ドルで買収へ

マイクロソフトは GitHub を買収することで合意したと発表した。

GitHub は、開発者が学び、共有し、連携して未来を創造するソフトウェア開発プラットフォーム。両社は協力し、企業における GitHub の利用を推進し、マイクロソフトの開発ツールとサービスを新たなターゲットへ提供していくとした。

合意条件によれば、マイクロソフトは 75 億ドル相当の自社株により GitHub を買収。慣例的な成立条件と規制当局のレビューにしたがい、同買収は本年末までに完了する予定だ。

GitHub は、開発者ファーストの理念により、独立事業としてさまざまな業界の開発者に対してオープンなプラットフォームを提供。開発者は自身のプロジェクトで選択したプログラミング言語、ツール、オペレーティングシステムを継続的に使用し、コードを任意のオペレーティングシステム、クラウド、デバイス上で展開できる。

同買収に当たり、Xamarin の創業者であり、オープンソース業界のベテランであるマイクロソフトコーポレートバイスプレジデントのナット フリードマン(Nat Friedman)氏が GitHub CEO に就任。

GitHub の現 CEO クリス ワンストラス(Chris Wanstrath)氏は、マイクロソフトエグゼクティブバイスプレジデントのスコット ガスリー(Scott Guthrie)氏直属のテクニカルフェローとして、ソフトウェア関連の戦略的取り組みを担当する。

【関連リンク】
マイクロソフト(Microsoft)
ギットハブ(GitHub)

Previous

NVIDIA、AIロボット開発プラットフォーム「NVIDIA Isaac」を発表

SAPジャパンが新ソリューション、「デジタルツイン」を用いたコラボ環境を提供

Next