センサの世界出荷数量は、2年連続で二桁以上のプラス成長

一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)が、センサ世界出荷実績(2012年~2014年)を発表した。

2014年におけるセンサの世界出荷数量は、251億386万7千個、対前年比110%となった。金額は、1兆3,172億81百万円、対前年比117%となった。金額では2年連続で二桁以上のプラス成長となった。

種類別では、2014年の金額構成比で最大構成は、光度センサ58%、位置センサ17%となっている。2014年の数量構成比では、温度センサ47%、位置センサ21%、光度センサ20%となっており、今回特掲した位置センサが金額・数量共に大きなウェイトを占めている。

センサの世界出荷数量は、は2年連続で二桁以上のプラス成長

需要部門別では、2014年の金額構成比で最大構成は、通信機器・スマートフォン用で45%となっており、スマートフォン需要の拡大が数字にも表れた。次いで自動車・交通用が17%、次いでAV機器用、FAオートメーション用でそれぞれ8%となった。2014年の数量構成比では、最大構成は汎用の34%、次いで通信機器・スマートフォン用の19%、コンピュータ・情報端末用が14%、自動車・交通用が13%と続いた。

仕向地別では、2014年の金額構成比では、米州向け35%、日本向け28%、アジア・パシィフィック19%となっている。2014年の数量構成比としては、中国向け37%日本向けとアジア・パシィフィック向けが共に27%となっている。

 

調査期間と時期:2012 年、2013 年、2014 年の3年間分を調査した。(暦年調査)
2015 年 7 月 21 日(火) 製品登録調査・回答〆切
2015 年 8 月 21 日(金) 本調査・回答〆切
調査対 象:JEITA 会員内外のセンサの販売/出荷を行っている企業に対し、グローバル出荷(世界出荷)を調査した。(JEITA 正会員を含む)
回答会社数と製品登録数: 87 社より 363 製品が登録。日系の主要なセンサ企業より協力を得ることができた。

<センサ種類毎の回答会社数>
・光度センサ(光、赤外線) 28 社
・温度センサ(温度、熱) 27 社
・圧力センサ(圧力、トルク、力、重量) 24 社
・慣性力センサ(加速度・振動・衝撃、角速度、速さ・速度・回転数・流量) 22 社
・位置センサ(位置、長さ、測長、距離、測位、変位、ひずみ、レベル、厚み) 18 社
・磁界センサ(電位、電流、磁界、磁束) 21 社
・音・超音波センサ(音、超音波) 11 社
・化学・バイオセンサ(湿度・ガス、溶液・PH) 7 社
・その他のセンサ(放射線、複合、その他のセンサ) 12 社

 

センサの世界出荷数量は、は2年連続で二桁以上のプラス成長

 

【関連リンク】
一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)

Previous

インフォコーパス、「IoTプラットフォームSensorCorpusワークショップ」を開始

BHI、Todoやカレンダーの予定、返信忘れのメール等、次にやるべきことを機械学習が整理して賢く教えてくれるiPhoneアプリ「Swingdo -これからDoする?-」をリリース

Next