ユカイ工学、フィジカル・コンピューティングツールキット「konashi 3.0」を新発売

ユカイ工学株式会社は、iPhone/iPadのための、フィジカル・コンピューティングツールキット「konashi(こなし)3.0」を2018年6月より発売を開始した。

konashiは、iOSから簡単にハードウェアにアクセスする開発環境を提供し、マイコン側のファームウェア開発をすることなく、ソフトウェアエンジニア・デザイナ・アーティストが手軽にプロトタイピングを行うツールとして使うことができる、iPhone/iPadのためのフィジカル・コンピューティングツールキットだ。

現行のkonashi 2.0は、ユーザー側のWebブラウザと、Webサイトまたはウェブサービスの相互間のやりとりを円滑にするために使われる “JavaScriptでの手軽な開発” をコンセプトの1つとし、ハードウェアの専門知識がなくとも、容易にラピッドプロトタイピングを実現できる開発キットとして、メイカーズ市場はじめ、個人、プロ、ハード開発者からアプリ開発者に至るまで、広く開発に利用されてきた。

この度発売を開始した「konashi 3.0」は、これまで通りの “JavaScriptでの手軽な開発” 、”1個からの容易な入手性” 、”求めやすい価格”に加え、 “現行konashiとの互換性確保による既存ユーザの利便性” が提供されるという。

konashiの特徴

●スマートフォン、タブレット端末からアプリで操作が可能。
●組み込みプログラミングは一切不要。当社提供のライブラリ利用で、iPhoneやAndroidなどの開発環境から開発が可能。

詳細

konashi 3.0 WEBページ
          
製品名 konashi 3.0 (こなし3.0)
価格 ¥3.980(税抜)
型式 YE-WPC003
サイズ 35mm x 52mm x 12mm
搭載デバイス Koshian 3.0(株式会社マクニカ)
通信インターフェース I2C、UART、SPI、PWM、GPIO、A/D、D/A、SPI

現行の konashi 2.0 との比較

1. ファーム互換性
Koshianの公式ファームウェアを使って開発したアプリケーションについては、konashi 3.0に置き換えることにより同等の機能動作を確保する。

2. ハードウェア互換性
ピンソケットのピン配置が従来品と互換。物理サイズも同一で、現行品の置き換えが容易。

3. 新機能1
DAC(D/Aコンバータ)の機能が追加。

4. 新機能2
FCCにも対応し、米国でも使用可能になった。

5. 機能強化1
GPIOのピン数が6本から8本に、またPWMを出せるピン数が3本から8本になった。

6. 機能強化2
BLEの電波強度を0dBmから+3dBmに高め、接続性を強化。

Previous

ZMPと日の丸交通、東京都『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に採択

ハタプロ、LoRaWANによるスマート水道メーター遠隔検針実験を完了

Next