オムロン、i-BELTサービス第1弾「設備の異常予兆監視サービス」の提供を開始

オムロン株式会社は、製造現場のデータを基に顧客と共創することでモノづくりを革新する、現場データ活用サービス「i-BELT」の第1弾として、「設備の異常予兆監視サービス」を2018年7月より開始する。

「設備の異常予兆監視サービス」は、製造設備の異常動作につながるデータを収集・解析することで、早期に異常を発見し設備の安定稼働や製品の品質向上を支援するサービス。

マシニングセンタなどの加工機や破損の多いベアリングを有する製造設備を対象に、保全業務の熟練技能者が持つ”匠の技”を超える”設備診断”技術により、設備の”いつもと違う”状態を検知するとしている。

なお、同サービスは、設備の異常予兆を監視し突発的な生産ラインの停止を防止する方策として、既に複数の顧客に先行導入している。

オムロンは、同サービスを、現場調査からデータ収集・見える化の環境構築までを行う「導入サービス」と、蓄積したデータの分析結果に基づき、予兆の検知精度を継続的に向上する「継続サービス」の2ステップで提供。なお、「継続サービス」は2018年度中に開始する予定だ。

「導入サービス」では、製造現場に精通したオムロンのエンジニアが現場を診断し、収集したデータを見える化する環境を構築するとともに、オムロン独自のノウハウに基づき、従来は顧客が設定していた装置の安定稼働の判断基準となり得る値「しきい値」の提案までをワンストップで提供する。

また、「継続サービス」では、収集したデータを活用・分析し、設備の機構にあわせて、予兆検知の精度を向上するなど、最適な制御環境を提供するとしている。

【関連リンク】
オムロン(OMRON)

Previous

西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施

コモドソリューションズ、熱中症対策IoTを保育・教育・地域活動へ展開

Next