内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

日立造船と日立ハイテク、AI制御システムでごみ焼却発電施設の長期運転に成功

日立造船株式会社と株式会社日立ハイテクソリューションズは、ごみ焼却施設において、AIによるボイラ過熱蒸気の過去の状態変動パターン学習により、リアルタイム(最短1秒周期)で過熱蒸気の最適温度帯を予測し、制御動作を先行的に行うことで、蒸気温度の低下による発電ロスを最小限に抑え、90日間の長期運転に成功したことを発表した。

このAI制御システムは、株式会社日立製作所(以下、日立)が開発した強化学習技術を採用しているため、DCSの一般的な制御技術であるPID制御のような後追い型の制御とは異なり、実プラントでの試行錯誤的な繰り返し運転は不要。過去のプロセス運転データのみを用いて、プラント制御の学習モデルを構築することが可能だ。

日立造船と日立ハイテク、AI制御システムでごみ焼却発電施設の長期運転に成功
PID制御とAI制御システムの制御手法の比較

また、運転中にこれまで経験したことがない新たな挙動が発生した場合、「未学習」として判定した上で、運転に有効な挙動であれば、新たなAIモデルとして登録し、制御を成長させることができる。

日立ハイテクソリューションズは実証の成功を受けて、このAI制御システムを、RL-Prophet(アールエルプロフェット)として製品化した。

今後、日立ハイテクソリューションズは、このAI制御システムを、ごみ焼却施設のさまざまなプロセスのほか、一般産業などへの展開も構想しているという。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録