ローム、出力監視機能搭載、小型車載降圧DC/DCコンバータ「BD9Sシリーズ」を開発

ローム株式会社は、ADAS(先進運転支援システム)のセンサやカメラ、レーダーなど、小型化と省電力化、高信頼性を必要とする自動車の安全運転支援モジュールに向けて、車載セカンダリ降圧DC/DCコンバータ「BD9Sシリーズ」(BD9S400MUF-C、BD9S300MUF-C、BD9S200MUF-C、BD9S100NUX-C、BD9S000NUX-C)を開発した。

「BD9Sシリーズ」は、システムの安全性向上に貢献する機能を搭載した、小型・高効率の車載電源IC。システムの安全性向上に向けた、出力電圧監視機能と起動時立ち上がり時間調整機能(シーケンス制御)により、多様なマイコンやシステムと柔軟に情報共有することで、システムの高信頼化に寄与するという。

ローム、出力監視機能搭載、小型車載降圧DC/DCコンバータ「BD9Sシリーズ」を開発

また、小型・省スペースでは、業界最小クラスの2mm角と3mm角の製品を、最大4.0Aまでの出力電流に応じて幅広くラインアップし、電圧3.6V、出力電圧1.8V時90%の電力変換効率を達成している。

さらに、周波数固定の電流モード制御で2.2MHz高周波動作を行うため、AMラジオ帯域不干渉と周辺部品の小型化を実現。これらにより、安全運転支援モジュールの小型化、省電力化にも貢献するとしている。

なお、同シリーズは2018年5月から月産50万個の体制で量産(サンプル価格300円/個:税抜)を開始。生産拠点は前工程がローム浜松株式会社、後工程がROHM Electronics Philippines, Inc.(フィリピン)となる。

【関連リンク】
ローム(ROHM)

Previous

ISID、XAI(説明可能AI)ソリューション「simMachines」の提供を開始

NTTドコモ、法人向けグローバルIoTソリューション「Globiot」(グロビオ)を提供開始

Next