ISID、動画から人の動作や姿勢を抽出するソリューション「Act Sense」の提供を開始

株式会社電通国際情報サービス(以下、ISID)は、動画に映る人の特定の動作や姿勢を抽出するソリューション「Act Sense(アクトセンス)」の提供を本日より開始する。

Act Senseは、米国カーネギーメロン大学(CMU)が開発した、人体の姿勢の特徴点をディープラーニングを用いて検知する技術「OpenPose」を映像解析のエンジンとして利用している。

Act Senseは、CMUの姿勢検知技術OpenPoseで取得した人の姿勢情報に、自社開発のアルゴリズムを組み合わせ、特定の動作、行為、姿勢を検出。

例えば、作業者を撮影した動画から、特定の行動がいつ発生したか、作業者の姿勢に無理が生じていないかなどを抽出することが可能であり、工場、都市、オフィス、店舗、車、ヘルスケア等の幅広い産業やシーンで活用されることが想定されている。

Act Senseでは、画像解析エンジンとしてOpenPoseを採用。OpenPoseは、ごく一般的な単眼カメラで撮影した映像から人体の姿勢を検出。

そのため、すでに撮影済みの動画にも適用することが可能であり、これまでの姿勢検出技術が、対象者の身体に複数のマーカを装着して特別に撮影したデータが必要であったのに比べ、利便性が高い。

加えて、複数人の姿勢を同時に検知できること、検知がほぼリアルタイムで精度も高いといった優位性がある。

【関連リンク】
電通国際情報サービス(ISID)
OpenPose公式HP

Previous

TPGキャピタル、IoTソフトウェアのウインドリバーの買収を完了

ザイリンクスとダイムラー、メルセデス ベンツの新型車に搭載されるAIソリューションを共同開発

Next