トヨタ自動車、コネクティッドカーの本格展開を開始

トヨタ自動車株式会社は、6月26日から、車両の制御ネットワーク(CAN)に接続する車載通信機(DCM)を全グレードに標準搭載したコネクティッドカー、新型クラウン、新型車カローラ スポーツの販売を開始した。

これらの車両には、トヨタが構築したコネクティッドカー向けの情報インフラである「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」から、様々なコネクティッドサービスが提供される。

トヨタは、これを皮切りに、今後国内で発売されるほぼ全ての乗用車にDCMを搭載し、MSPFに収集される車両データを活用した安心サービスの提供と、それに必要なメーカー、販売店の業務基盤構築に力を入れていくとした。

車両データによる充実の安心サービス

eケア走行アドバイス

ナビの目的地設定などで好評のオペレーターサービスは、車両データと連携することにより、車両のトラブルの際にも頼りになる安心サービスを提供。

eケア走行アドバイスでは、万一顧客のクルマに異常が発生した際、車両データから車両の状態を診断し、オペレーターが顧客に車載マイクとスピーカーを通じてアドバイスを行う。販売店への入庫が必要な場合は、担当販売店、または近くにある販売店に誘導する。

eケアヘルスチェックレポート

eケアヘルスチェックレポートでは、車両データから車両の状態をセンターが常時診断し、トラブルが発生する前に、担当の販売店から顧客に整備入庫をおすすめする。

たとえば、バッテリーの始動時電圧が徐々に低下し、このままでは始動不良が想定される場合は、担当販売店の業務端末に予防整備のアラームが通知され、販売店のスタッフがそれに基づき顧客に連絡し、バッテリーの交換をすすめる。

なお、担当販売店から顧客へのメッセージは、ナビに配信され読み上げられるため、漏れなく通知ができる。

ヘルプネット

エアバッグの展開と連動する緊急通報サービス「ヘルプネット」は、衝突時の車両データから乗員のダメージを瞬時に解析し、消防本部に送信、消防本部で重症確率が高いと診断される場合はドクターヘリ等が出動し、医師が現場に直行する救命サービスを新たに全国規模に拡大した。
 

トヨタは、eケア走行アドバイス、eケアヘルスチェックレポートは、年々高度化かつ複雑化するクルマを、顧客の安心快適のために必要不可欠なサービスであると考え、今後、国内のほぼ全ての新型乗用車への展開を計画している。

従来の緊急通報サービスや盗難抑止サービスに、これらのサービスが加わることで、24時間365日、顧客とそのクルマを見守る、万全な体制の確立を図るとした。

また、これらの運用を確実に行うために、トヨタは愛知県日進市の研修施設に「コネクティッドオペレーション改善道場」を設置し、全国の販売店のスタッフに向けた実践的なトレーニングを行っている。

走行データ連動型自動車保険プラン

DCMの標準搭載に伴い、従来の自動車保険に加え、走行データ連動型保険の適用が可能。顧客はMSPFに蓄積された走行ビッグデータから算出した「安全運転スコア」をスマートフォンでチェックすることができる。

また、このスコアに連動する走行データ連動型自動車保険プラン「トヨタつながるクルマの保険プラン」が、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社より発売。

この保険料金は、安全運転スコアと走行距離により毎月決定されスマートフォンに通知。割引率は、運転分保険料の最大80%、トータル保険料の9%(※)の割引を受けることができる。

※保険料全体に対する割引率は年間走行距離によって異なる。10等級・事故有係数適用期間0年、26才以上補償等、年間走行距離8,000km、安全運転スコア80点以上の契約条件での保険料例

DCM標準化で、より便利になったオンラインサービス

AI音声エージェント

人工知能(AI)のバーチャルエージェントが顧客の自然発話を聞き取り、ナビの目的地設定やオーディオの操作、機器の取り扱い説明などを行う。「このへんにある蕎麦屋を探して。駐車場のあるところがいい」など、複雑な発話でも理解することができる。

LINEマイカーアカウント

日常使い慣れたLINEアプリに、自分の愛車を「友だち」として追加し、クルマと会話することができる。たとえば、LINEアプリのトーク機能で事前に行きたいところを伝えると、車載ナビの目的地にメモリーすることができる。

また、目的地までの所要時間や距離を踏まえて、出発すべき時間や給油の必要性なども教えてくれる。

ハイブリッドナビ

ナビシステムのプログラムや地図データは、つねに最新版に維持される。さらに目的地へのルート案内は、センター側にある最新の地図データとビッグデータ交通情報から探索し、最適なルートを案内する。

トヨタが目指すヒューマン・コネクティッド・サービス

トヨタが目指すコネクティッドサービスは、ITやAIが表に出て来るものではなく、それらはツールであって、顧客に接するのは心を通わせる人間、つまり「ヒューマン・コネクティッド・サービス」だとしている。

【関連リンク】
トヨタ(TOYOTA)

Previous

西菱電機、「IoTスターターキット」の提供を開始

マイクロソフトはIoT Edgeでデバイス側をインテリジェントに ーCOMPUTEX2018レポート2

Next