「KDDI えらべるVR」の提供を開始

KDDIは、2018年8月1日より、VRの活用を検討する法人の顧客向けに、デバイスの選定からネットワーク、コンテンツ制作、映像を表示させるためのプラットフォームまでをワンストップで提供するパッケージサービス「KDDI えらべるVR」の提供を開始する。

VRは技術の進化に伴い、さまざまな提供形態が提案されている。しかし、どのような映像体験を提供するかにより、再生するデバイスの選定や利用可能なプラットフォームの組み合わせが多数あるため、サービス仕様を決定するまでに多くの時間がかかっていた。

「KDDI えらべるVR」は、コンテンツの画質や視聴方法などVRを活用する用途や予算に応じた3つのコース(Lightコース・Standardコース・Premiumコース)が用意され、目的に応じたVRソリューションの導入が可能になる。

【関連リンク】
KDDI えらべるVR

Previous

ZMPの物流支援ロボットCarriRo、無人搬送機能搭載「自律移動モデル」を受注開始

ABEJA、シリーズCラウンド総額約42億5,000万円の資金調達を完了

Next