カラフル・ボード、通信販売業ベルーナと資本・業務提携

カラフル・ボード株式会社は、2015年12月に株式会社ベルーナと資本・業務提携を締結した。

 

【資本・業務提携の背景】

顧客のニーズが多様化している現代において、ユーザー1人1人の好みに合わせた情報提供を追求するベルーナとファッション人工知能「SENSY」の技術普及を目指す「カラフル・ボード」の双方のニーズが一致し、資本・業務提携を締結に至った。

 

【資本・業務提携の内容】

人工知能「SENSY」の技術を保有するカラフル・ボードと、「ベルーナネット」や「RyuRyu」などの衣料通信販売業を行うベルーナが業務提携することで、ベルーナで展開するサービスに人工知能「SENSY」を活用し、顧客満足向上と売上拡大を目指す。

 

【ファッション人工知能「SENSY」】

ユーザーのファッションセンスを学習していく人工知能。2014年11月にファッションアプリとして、リリースされた。

ユーザーは、表示される提携ブランド(現在2500ブランド以上)の服の「好み」を分類することで、人工知能がそのユーザーのファッションセンス「感性」を学習し、まるで専属のスタイリストのように世界中のECサイトから、ユーザーの感性に沿ったアイテムやコーディネートを提案してくれるAIロボット型のアプリである。

カラフル・ボード、通信販売業ベルーナと資本・業務提携

 

【関連リンク】
カラフル・ボード
ベルーナ
SENSY

Previous

クラウドが拓いたデジタライゼーション ー第19回八子クラウド座談会レポート(1)

阪神電鉄・読売テレビグループ、共同で「ロボット・プログラミング教育事業」を開始

Next