ゼンリンデータコムとKudanが業務・資本提携

株式会社ゼンリンデータコムとKudan株式会社は、業務・資本提携することを発表した。

今回の業務・資本提携により、ゼンリンデータコムが持つナビゲーションや屋内外動態管理などのソリューションと、Kudanが独自に提供するアルゴリズムであるKudanSLAMを組み合わせ、相互補完的に事業の拡大を目指す。

ゼンリンデータコムは、KudanSLAMを利用することにより、GPSやビーコンなどを利用せず、汎用的なカメラなどの画像を用いて、自己位置をより精度が高く、かつ瞬時に把握することが狙いだ。

対象物との距離が10メートルの場合、数センチメートルの誤差を想定。これにより、屋外・屋内に関わらず、位置に基づいた情報提供や作業指示などがより正確になるという。

Kudanは、ゼンリンデータコムと組む事により地図及び位置情報のソリューション分野で事業を拡大したい考えだ。

【関連リンク】
ゼンリンデータコム(ZENRIN DataCom)
Kudan

Previous

NEC、スペイン ムルシア市とスマートシティの実現に向けイノベーションセンターを共同で設立

スカイディスクと九州大学、IoT/AIセキュアクラウドプラットフォームの共同研究を開始

Next