5G時代のソリューション創出に向け「ドコモ5Gオープンクラウド」の提供がスタート

株式会社NTTドコモは、第5世代移動通信方式「5G」の時代に求められるソリューションの創出を推進するため、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加するパートナー企業・団体向けに、「ドコモ5Gオープンクラウド」を、本年7月26日より提供する。

「ドコモ5Gオープンクラウド」は、本年4月に開設した5G技術検証環境である「ドコモ5Gオープンラボ」とクラウドコンピューティングの設備を直結した、テレコムクラウドの技術検証環境だ。

また、「ドコモ5Gオープンクラウド」の参加企業向けに、ドコモが開発した画像認識やAIエージェント基盤なども提供。これにより、遠隔からクラウド基盤に接続した自社ソリューションの5G技術検証や、クラウド基盤上でパートナーとドコモの技術を持ち寄り、ソリューションを創出する場として活用できるという。

さらにドコモは、「ドコモ5Gオープンクラウド」を通じて開発されたソリューションや技術を、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」の参加企業・団体向けに情報発信、ソリューションの開発企業と利用する側の企業・団体とのビジネスマッチングなどの取り組みを進める。

これにより「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を、パートナーとドコモの協創により、様々な業界の課題解決に取り組む場として発展させていくことが狙いだ。

「ドコモ5Gオープンクラウド」は、NTTテクノクロス株式会社、ソニー株式会社、トレンドマイクロ株式会社、日本電気株式会社、ヴイエムウェア株式会社、株式会社ワコムの6社が参加し、本年7月下旬から各社の要素技術を活用した技術検証を開始する。

また、パートナーとの協業によるソリューション創出をさらに推進するため、「ドコモ5Gオープンクラウド」に自社のソリューション、要素技術を持ち寄った技術検証や、ビジネス化を見据えた協業に賛同するパートナーを広く募集するとした。

Previous

KSKアナリティクスと日本ナショナルインスツルメンツ、工場向けIoTセンサデータ分析ソリューションを開始

ソフトバンクとLippoグループのリンクネット、 IoTソリューション分野で業務提携

Next