ナーブ、NTTドコモの「空間インターフェース」を活用した直感的なVRコンテンツを開発

VR(バーチャルリアリティ)コンテンツのプラットフォームを提供するナーブ株式会社は、株式会社NTTドコモの「空間インターフェース」技術を活用することで、直感的に操作ができる「MSSシステム」を開発。

その実用化のための実証実験として、『JAL 工場見学 SKY MUSEUM』の整備士体験コンテンツの提供を、7月11日から公開する予定だ。

『JAL工場見学 SKY MUSEUM』の整備士体験コンテンツでは、VR空間内に自分の手が現れ、映像内(中央)にある「?」を触ることができる。「?」を触ると、隠されたメッセージが開き、飛行機や整備に関するヒミツを知ることができる(下の画像)。

ナーブ、NTTドコモの「空間インターフェース」を活用した直感的なVRコンテンツを開発
①VRゴーグルを覗いて、手をかざすと
ナーブ、NTTドコモの「空間インターフェース」を活用した直感的なVRコンテンツを開発
②VR空間に自分の手が見える

直感的に操作ができる「MSSシステム」

これまで、VRコンテンツを操作するには、コントローラーやセンサーなどを使用したり、VR空間内で特定の場所を見続ける「視点操作」といった独特なインターフェースが用いられてきた。

従来の操作方法では、コンテンツの利用者が操作のための特定の動作やパターンを覚える必要があり、操作説明を受けるか、時間をかけて実際のコンテンツ利用を通じて習熟する必要があった。

今回、開発された「MSSシステム」は、VRゴーグルを装着した状態で自分の腕や手を前方に動かすと、目の前に自分の腕や手が現れる。

VR内のボタンやメニューを自分の手で直接触って選択が可能となるため、スマートフォンやタブレットでは実現できない、現物に触るような感覚で操作ができるという。

【関連リンク】
ナーブ(NUR*VE)
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

キヤノンとAVEVAが協業、イメージング技術でスマート工場の実現を促進

富士フイルムと理研、AI技術の研究開発組織を設置

Next