IoTで富士山の混雑・温湿度を見える化、KDDIなど

静岡県御殿場市、静岡県小山町、KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所は、本年7月10日から9月10日までの富士山の開山期間、安心安全で快適な登山のサポートなどを目的に、IoTを活用して富士山登山口の登下山者数ならびに温湿度を「見える化」する期間限定のサービス「ミエル フジトザン」を提供する。

同サービスは、静岡県の富士山登山口である御殿場口登下山道、須走口登山道ならびに宝永山馬の背(※1)に設置したIoTセンサーを活用して、その地点における通過人数のほか、温湿度をウェブ上で確認することが可能。

登山者は同サービスを活用することで、事前にその地点の混み具合や気温などを把握できるため、スケジュール管理や服装の準備など適切な登山計画に役立てることができる。

同サービスに用いるIoTセンサーは、KDDIの4G LTEネットワークを利用するLPWA技術を用いた通信規格「LTE-M」に対応しているため、ゲートウェイ(親機)の設置が不要なほか、低消費電力かつ広範囲の通信を安定して利用することが可能だ。

なお、御殿場市と小山町は、同サービスで得られたデータを、今後の富士山登山口などにおける整備計画やツアー造成などに活用し、富士山における更なる利便性の向上を目指すとした。

KDDI、富士山の混雑・温湿度を見える化するIoTサービスを提供

また、「Mt. FUJI TRAIL STATION」(静岡県御殿場市富士山御殿場口新五合目) において、天候に関わらず晴れた日の美しい富士山を楽しめる望遠鏡型のVR「VR View Scope」(※2)を設置。

さらに、訪日外国人の利便性向上を目的に、「KDDI AI翻訳」(※3) と「KDDI TV通訳」(※3)、ならびにNICTの技術を活用した「音声翻訳」(※4)を搭載したタブレットの配備とFree Wi-Fiを整備し、訪れる人それぞれの目的に合わせ、より安心して富士山を楽しめるようなコミュニティースペースを提供する。

なお、KDDIは、本年7月9日より、富士山頂において4G LTEのエリア化を実施し、富士山での通信環境整備に取り組んでいる。なお、登山口および登山道は、一年を通じて4G LTE通信を利用できる。

(※1)御殿場ルート6合目と宝永山山頂の間に位置する分岐点。
(※2)KDDIが事業化を進める望遠鏡型のVR装置。「Mt. FUJI TRAIL STATION」では株式会社HOME360の映像制作協力による美しい富士山の景色が体験可能。
(※3)「KDDI AI翻訳」は、AIを活用し、日本語と英語、中国語、韓国語を相互に翻訳できるサービス。「KDDI TV通訳」は、多言語対応できるオペレーターがタブレットの画面越しに同時通訳できるサービス。
(※4)NICT (国立研究開発法人情報通信研究機構) の翻訳技術を活用し、KDDI総合研究所が技術支援を行いKDDIが構築した翻訳ツール。

【関連リンク】
「ミエル フジトザン」ホームページ

Previous

Amazon DashのLPWA進化系、「SORACOM LTE-M Button」 -SORACOM Discovery2018レポート3

オリィ研究所、簡単な肉体労働を可能とする分身テレワークロボット「OriHime-D」を発表

Next