ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発

株式会社ドーワテクノスは、ローム株式会社が提供する電池不要・配線不要の無線通信デバイス「EnOcean」を採用し、モータの稼働状況・経年劣化を監視する、モータ監視IoTソリューション「リモータ・プロ」を開発した。

リモータ・プロは、センサユニット(電流センサ・温度センサ)、受信端末、モバイル回線、クラウド、監視画面のアプリケーションをワンストップで提供。センサユニットを工場設備などの送水・送風・集塵に利用される大形商用直入れモータに取り付けることで、モータの状態監視ができる。

センサユニットは、エネルギーハーベスト(環境発電)で駆動可能なセンサと無線通信デバイス「EnOcean」で構成されており、電源供給やデータ通信のための配線を不要とすることで、センサ設置の手間を削減できる。

また、リモータ・プロには、受信端末やモバイル回線のサービスが組み込まれているため、顧客による独自準備や契約は不要。さらに、専用クラウドにモータ監視画面があらかじめ用意されているので、監視システム構築のためのサーバの準備や開発も不要で、納入された機器を設置するだけでモータ監視が開始できる。

なお、今回の開発では、負荷電流・漏れ電流・モータ温度・外気温の4項目の測定ができるが、振動測定の試験をすでに開始しており、順次ラインナップに加える予定だという。

リモータ・プロの初期費用は、1システムで参考標準価格が150万円。5台分のモータセンサユニット・温度センサユニット・受信機・モバイルルータ・ケーブルなどの各種ハードウエア費用 とシステム加入料、モバイル回線開通手続き費用・各種初期設定費用が含まれる(各種センサユニットの通信状態によっては中継機費用が追加される)。

年間使用料は、1システムで6万円/年。クラウドサーバ管理費とモバイルルータ通信料が含まれる。

【関連リンク】
ドーワテクノス(DHOWA TECHNOS)
ローム(ROHM)

Previous

東芝のマイスターシリーズに見る、スマートファクトリーの要点 -設計・製造ソリューション展2018レポート1

クアルコム・5GAA・BMW・Ford・PSA・Savari、複数自動車メーカー間でセルラーV2X直接通信の相互運用デモを実施

Next