ZMP、自律型無人航空機システム「AEROBO」を活用した測量データ化ソリューションシステムを販売開始

株式会社ZMPは、自動車業界や建設業界への測量ソリューションの拡充を目的とし、正規代理店を務めるエアロセンス株式会社の「AEROBO Marker」(トップ画像)を販売開始し、高精度な測量データ取得の一気通貫したソリューションシステムの販売を開始した。

同システムにより、自動車関連企業のテストコースの3Dモデル化や工場等の設備管理・点検測量の自動化を実現。また、建設業界では従来手作業での測量を実施しており、費用・期間もかかっていたところを同システムを導入することにより、コスト削減と作業効率化を可能にするとした。

同システムは最高精度の計測・解析を可能にする、産業用自律飛行型ドローン「AEROBO」と、GNSSロガーを搭載したドローン用対空標識「AEROBO Marker」、空撮した画像をクラウドサービス「AEROBO cloud」にて、高精度3次元モデルやオルソ画像を自動作成することが可能となっており、計測からモデル作成まで一気通貫した測量を支援する。

ZMP、自律型無人航空機システム「AEROBO」を活用した測量データ化ソリューションシステムを販売開始
産業用自律飛行型ドローン「AEROBO」

国内テストコース等の3Dモデル化でも導入されており、大林組では工事現場にて他社製ドローンとの共同比較検証を実施しており、現場作業時間は半減、±1cmの精度での位置出しを実現。また、直近各地で竣工されている大型物流倉庫拠点の建設にて、国内大手ゼネコンでの活用も拡がっている。

価格は、「AEROBO」が160万円/台、「AEROBO Marker」が20万円/個で、本日より販売が開始された。

【関連リンク】
AEROBOシリーズ製品紹介

Previous

自動配送ロボットの開発を行うスタートアップHakobotが設立

筑波大と京セラグループ、皮膚腫瘍の良悪性を判定するAI診断補助システムを開発

Next