OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を加速する店舗デジタル変革ソリューション「Enterprise DX」を提供開始

OKIは、少子高齢化にともなう人口減少社会の到来に向け、IoTやAIの活用によりビジネスモデルの再構築を加速する店舗デジタル変革ソリューション「Enterprise DX(エンタープライズ・デジタルトランスフォーメーション)」の提供を開始する。

OKIが提供を開始する「Enterprise DX」は、顧客経験価値の最大化と店頭の人的コストを削減する「ストアフロント変革」、事務処理の自動化で抜本的なコスト削減を実現する「オペレーション変革」、生活サービスのワンストップ提供を実現する「サービス変革」の3つのソリューションで構成される。

「Enterprise DX」は既に顧客との共創によるPoC(Proof of Concept:概念実証)としてフィールド実験や試行を実施中で、順次商用サービスの展開を行っていく予定だという。

まず「ストアフロント変革」の第一弾として、新しい店頭の形に合わせてさまざまなI/Oデバイスを選択することにより、顧客によるセルフ操作を実現するソフトウェアプラットフォームを今月から提供開始するとした。

「Enterprise DX」を構成する3つのソリューションの概要は以下のとおりだ。

ストアフロント変革ソリューション

OKIが持つ金融、鉄道、旅行代理店などの窓口端末、セルフ端末(券売機、KIOSK端末など)などのユーザーインターフェース技術や運用ノウハウを活かし、任意に専用デバイスを選択する制御機能、AI対話エンジン「Ladadie」を活用した無人応対機能やリモート接客、訪日在日外国人向けの多言語応対など、社会の変化に対応した新しい対話の形を提供する。

また、コンタクトセンター市場国内シェアNo.1の「CTstage」と連携した、いつでも、どこでも、必要な場面で専門家によるタイムリーな支援を行える遠隔支援クラウドサービスも提供を予定している。

オペレーション変革ソリューション

金融機関向け事務集中センターソリューションで培ったイメージ処理、業務アプリケーション、要員配置最適化などのノウハウを活用。

ストアフロントの事務処理をバックオフィスに移す後方集中化ソリューション、バックオフィスのイメージエントリー業務自動化、事務処理そのものを自動化するロボットシステム、「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」に準拠したイメージ文書保管システム「イメージウェアハウス」などを順次提供し、ペーパーレス化、抜本的な事務処理コストの削減および生産性の向上に貢献する。

サービス変革ソリューション

さまざまなネットワーク接続や、SDBC(※1)ソリューションのノウハウを活かし、顧客が自分で最適なサービスをいつでもどこでも上手に入手できるインフラを提供。

また、業界を横断したサービス提供や事業者が相互にサービスを提供し合う社会サービスのワンストップ窓口を実現するためのオープンAPIを活用したシームレスなサービス統合や、プライベート認証サービスの提供を予定している。

※1 SDBC(スマートデバイスビジネスコネクター):
インターネットサービスや顧客情報システムなど事業者内システムを相互接続しスマートフォンやタブレット向けに新しい顧客チャネルを提供する中継システム。

【関連リンク】
「Enterprise DX」紹介サイト

Previous

ブイキューブ、コニカミノルタと協働でインフラ・建設業などの働き方改革を推進する遠隔作業ソリューションを先行販売開始

Snips、ブロックチェーンベースのAI音声アシスタントでコネクテッドホームのプライバシーを保護

Next