ファインシード、地方創生の農業IoT『こっそり農遠』、”こっそりアライアンスメンバー”期間限定募集開始

株式会社ファインシードは地方創生支援の一環として、スマートフォン上で本物の農園の区画オーナーになれるサービス『こっそり農遠』の2016年度農園パートナーの募集を期間限定で開始することを発表した。

 

『こっそり農遠』の農園パートナーは、今後、ファインシードのプロモーション施策により、その知名度が飛躍的に向上し、最終的に地方創生にも寄与する。さらに、『こっそり農遠』の会員拡大により農作物の売上アップにもつながる。

更に来年初旬オープン予定の直運営ECサイトにて農園パートナーの農作物を販売することも可能。なお、募集期間内であっても一定数の農園パートナーが決まり次第、募集は締め切る。

 

【こっそり農遠とは】

『こっ そり農遠』とは、野菜や果物など全国各地の特産品を育てている農園と提携し、月額1980円(税別)よりユーザーがその農園の区画オーナーとしてスマート フォンを通して遠隔栽培を行い、実際に育った農作物を産地直送で受け取れる、地方創生に繋がる農業IoTサービスだ。

『こっそり農遠』最初のパートナーは岡山県にある「難波ファーム」のいちご農園で、今冬よりサービスをスタートしております。また、「難波ファーム」と協力し、『こっそり農遠』で育てる高品質のいちごをブランド化させることにも成功した。

「晴れの国おかやま」の広大ないちご農園で「難波ファーム」が独自に品種改良を行い開発した国内最高クラスのいちごを『晴れ娘』(※登録商標出願中)として、日本のいちご業界にデビューした。

岡山産いちごブランド『晴れ娘』を広く知ってもらうため、岡山に住んでいない東京や大阪の方々にも一緒に育て上げ、ファインシードが目指す地方創生にも貢献している。
ファインシード、地方創生の農業IoT『こっそり農遠』、”こっそりアライアンスメンバー”期間限定募集開始

【岡山産いちごブランド『晴れ娘』が世に出たきっかけ】

『晴れ娘』ブランド化にあたり、同社は11月23日(祝)に『晴れ娘』イメージキャラクターを地元岡山県出身である候補者からオーディション形式にて決定致した。

初代「ミス晴れ娘」に選ばれた大学三年生 赤木 麻友(あかぎ まゆ)さんは、現在放映中の『こっそり農遠』TV CM「わたしを見て編」に出演中。オーディション並びにTVCMが話題となり、いちごのブランド認知拡大にも成功している。

 

【『こっそり農遠』の2016年度農園パートナー募集に関して】

■募集期間
本日から2016年3月31日(木)

■募集条件
・農作物が栽培されている農園があり、管理されていること
・農園内へのネットワークカメラ設置が可能なこと
・インターネット環境のインフラが整っている、もしくは整えることが可能な場所であること
・上記以外のファインシードが定める基準を満たしていること

 

【関連リンク】
ファインシード
こっそり農遠

Previous

インプレス、ウェアラブルデバイスの利用に関する調査結果発表。加速するウェアラブルデバイスの企業導入、企業のビジネス活用事例が増加。

GSMA、世界の省電力広域市場の技術標準でモバイル通信業界が合意したことを歓迎

Next