NVIDIA・Oculusなど、VRヘッドセットと他のデバイスを接続するオープン規格「VirtualLink」を発表

NVIDIA、Oculus、Valve、AMD、Microsoftが参画するコンソーシアムは、本年7月17日、VirtualLink規格を発表。同規格は、多種複数のコードやコネクタを使用することなく、単一の高帯域USB Type-Cコネクタのみで、VRヘッドセットをPCやその他のデバイスへ接続を可能にするオープンな業界規格だ。

USB-C のオルタネートモードである、この新しい接続方法は、VR導入における重要な課題を回避することで、VR設定の簡素化とセットアップスピードを改善。薄型で軽量のノートブックPCなどのポートが少ない小型のデバイスでも没入型のVR体験を可能にするものだ。

次世代のVR体験の実現のため、ヘッドセットは、これまで以上のディスプレイ解像度を提供すると共に、トラッキングと拡張現実(AR)向けに高帯域幅カメラを搭載する必要がある。

VirtualLinkは、VRヘッドセットとの接続に、将来的なニーズの変化に合わせて拡張可能な4つの高速HBR3 DisplayPortレーンと、高解像度カメラおよびセンサー用USB3.1データチャネルをサポートし、最大27ワットの電力を提供する。

他の接続方法とは異なり、VirtualLinkはVR専用に開発され、ヘッドセットおよびPCメーカーが次世代のVR体験を提供できるように、遅延と帯域幅への要求に最適化される。

【関連リンク】
VirtualLink詳細

Previous

リコー、音声認識ソリューションを提供するスタートアップ2社と資本業務提携

加古川市、都市の安全・安心を実現するスマートシティプロジェクトを推進

Next