DJI、ドローン測量を効率化する「MATRICE 600 PRO for TS」を発表

DJI JAPAN 株式会社と株式会社トプコンは、トータルステーションでドローンを自動追尾することで、1標定点2を不要とし、省力化を実現する空中写真測量システム「TS トラッキング UAS」に対応した専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」を本日より提供開始する。

「TS トラッキング UAS」は、国土交通省の空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)、ならびに空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)に対応した、カメラ位置を直接計測できる写真測量システムだ。

また、国土交通省が推進する NETIS(New Technology Information System: 新技術情報提供システム)にも登録されており、i-Construction での用途に限らず、様々な測量/建設現場において、高精度で高効率な写真測量が可能。

「MATRICE 600 PRO for TS」は、DJI JAPAN の正規販売代理店であり、官庁向けにドローンのカスタマイズ実績を持つ株式会社日本サーキットが製造する。

DJI、ドローン測量を効率化する「MATRICE 600 PRO for TS」を発表

同システムを活用した空中写真測量に関するトレーニングは、do 株式会社から、事故等の保険サービスについては、三井住友海上火災保険株式会社より専用保険パッケージを提供。これにより、販売からトレーニング、アフターサービスまで一貫したサポート体制を提供することで、測量/建設現場において、ドローンを効率よく安全に活用する企業を支援する。

「TS トラッキング UAS」は、ドローンに搭載したカメラに専用のプリズムを取り付け、自動追尾型トータルステーションで連続測定することで、カメラ位置を直接計測できる手法。同システムにより、これまで必須だった標定点の設置や計測が不要となり、従来に比べ最大 6 倍4の作業効率の向上が図れるという(特許取得済み)。

【関連リンク】
トプコン(TOPCON)

Previous

NEC、IoTシステム向け産業用コンピュータを発売

DEEPCORE、WeWorkとコラボしたAI特化型インキュベーション施設「KERNEL HONGO」を8月にオープン

Next