ARスポーツHADOが台湾進出、台北市内の遊園地でサービスがスタート

企業:

株式会社meleapは、台湾の大手アミューズメント業者 智崴集團と販売パートナーシップを締結。AR(拡張現実)技術を使用した「HADO」の4種コンテンツを台湾で事業展開する。

台湾市場最初の導入先として、敷地面積が約5ヘクタールの台北市立兒童新楽園内にARテクノロジー館「i-FUN HUB! 哈鬥星球」をオープン。「i-FUN HUB! 哈鬥星球」では、AR拡張現実のテクノロジーと軽量なヘッドマウント装置を使い、直感的な動きで楽しめるテクノロジー体験を提供するという。

具体的には、モンスターを倒すARゲーム「HADO SHOOT」、「HADO MONSTER BATTLE」、そしてMR(複合現実)体験を実現するHoloLensとカートを使ったゲーム「COIN RUSH」が楽しめる。

HADO

HADOの台湾進出は今回が初となる。HADOは2018年4月に台北で行われた2018春季電腦展に出展した際に、地上波、ケーブルテレビ各社ニュースで取り上げられたという。

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つAR技術を使ったスポーツ。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。現在、HADOは世界16ヶ国26箇所に店舗を展開し、延べ80万人以上が体験している。

Previous

DEEPCORE、WeWorkとコラボしたAI特化型インキュベーション施設「KERNEL HONGO」を8月にオープン

NTT西日本、コンタクトセンター向けAIソリューションを外販へ

Next